RISC-Vを次のステージへ牽引する

IAR Embedded Workbench for RISC-Vは

RISC-V向け開発ツール

Schneider Electric

開発時間の短縮

シュナイダーエレクトリックの注力は、顧客がデータセンターおよびネットワーク市場向けのソリューション開発に最もエネルギーを注げる手伝いをすることです。

データセンターやネットワーク市場では、以下のソリューションを含みます。:

  • 配電
  • エネルギー監視と制御
  • アーキテクチャ設計とインストール監査
  • 最先端のUPSシステム、電気開閉装置、発電機 等
  • オーバーヒートを避けるための独自のラックベース冷却技術による冷却システム
  • オンラインでの監視と解析
  • トレーニングとメンテナンス
  • セキュリティ

主な開発のチャレンジは、最小限の開発リソースかつ短期間で複雑な組込みファームウエアを開発する必要があったことでした。

IAR Visual Stateによる差別化ポイントは?

IAR Visual Stateを利用することによって、シュナイダーエレクトリックは全てのステートマシンに矛盾のないセマンティックスを適用させることが出来ました。それらのコードは自動生成されたものです。このことはシュナイダーエレクトリックに過去と比べて開発期間の大幅な短縮の実現という差別化をもたらしました。

Schneider_Electric_product Schneider_Electric_product

シュナイダーエレクトリックについての詳細

www.schneiderelectric.com

© IAR Systems 1995-2018 - All rights reserved.

当ウェブサイトではユーザ利便性向上のためにCookieを利用しています。サイトの閲覧を継続するためにはCookieの使用について承諾する必要があります。 Cookies