2018/3/6 機能安全対応ソフト要求に慌てないための導入セミナー

機能安全セミナー

業界最新動向、対応ソフトウェアからテストツールまで解説

これから機能安全要求対応の機器開発が必要な方に最適なセミナ

 

IEC 61508やISO 26262など、機能安全というキーワードを耳にして久しい昨今、自動車を始め、産業機器、医療機器等様々な業界でこれまで以上に多くの組み込み機器でセーフティ・クリティカルなアプローチが必要となっています。

本セミナーは、グレープシステム、テュフズードジャパンおよびハートランドデータとの協力により、組み込み機器の機能安全ソフトウェア開発を強力に支援する内容になっています。是非ご参加下さい。

 

次のような方におすすめです

  • これから機能安全要求に対応する機器開発が必要な方
  • 機能安全に対応した機器開発を行っている方、またご検討中の方
  • 機能安全規格の最新動向に興味のある方

 

【セミナー概要】(セミナーサイトより引用)

 

セクション1 【テュフズードジャパン社】

機能安全規格 ISO 26262 および IEC 61508 のソフトウェア開発の概要についてご説明します。

  • 産業別にみる機能安全規格の分類
  • ISO 26262 全体像とソフトウェア開発
  • ISO 26262 ツール認定
  • IEC 61508 全体像とソフトウェア開発

 

セクション2 【IARシステムズ社】

昨今、機能安全対応した開発ツールの採用数はグローバルのみならず日本でも急増しています。この背景としては、機能安全規格の認証を取得するためには、ソフトウェア開発ツールの選択基準も従来とは異なるアプローチが必要とされることが理由として挙げられます。

Arm、ルネサス、他8/16bitアーキテクチャに幅広く対応した統合開発環境のグローバルリーダーであるIARシステムズが、開発ツールの賢い選び方について事例を交えてご紹介します。

  • 知らないと苦労する「開発ツールの認定」とは?
  • 開発ツールの中でも、なぜ特にコンパイラの機能安全対応が重要なのか?
  • 解析ツールの重要性とは?
  • 開発ツールの賢い選び方とは?
セクション3 【ハートランド・データ社】

機能安全対応に伴い、ソフトウェア開発現場では様々な課題に直面しています。そもそも、規格で要求されているカバレッジ計測はどうして大変なのでしょう。にも関わらず大切な理由は何なのでしょう?

これらの課題を解決するために、実際のソフトウェア開発現場から、ハートランド・データが考える具体的なテスト効率化手法とそれを実践するための動的テストツールをご紹介します。

セクション4 【(株)グレープシステム】

機能安全認証取得済みソフトウェアを導入するメリットとは?

リアルタイムOS「ThreadX」を始め、ネットワークプロトコルおよびファイルシステムなど認証取得済みのソフトウェアを、事例と共にご紹介します。

 

【開催概要】

日程:2018年3月6日 (木) 13:30~17:00(13:00 開場)
会場:クイーンズタワーB棟 7F クイーンズフォーラム
参加費:無料(事前登録制)登録サイト

© IAR Systems 1995-2018 - All rights reserved.