2019/2/19 EtherCATシステムの開発フローを学ぶRZ/T1編(大阪)

ハンズオンセミナ

EtherCATの概要から認証試験ツールまで、EtherCATシステムの開発フローを学ぶ-RZ/T1編-

お申し込みはセミナーサイトで受付中です。

*****************************************************************************************************************

組込みシステム向けツールチェーンにおけるグローバルリーダーのIARシステムズは、半導体メーカーや販売代理店およびソリューションサプライヤーとの協業を積極的に行っています。

お客様の課題を解決するためのテクニカルセミナーにも注力しておりますのでぜひこの機会をご活用下さい。

*****************************************************************************************************************

 

(以下ルネサスエレクトロニクスのセミナーサイトより引用)

【セミナー内容】

産業Ethernetプロトコルの1つであるEtherCATに焦点をあてて、EtherCATスレーブコントローラを内蔵し、通信処理とモータ制御などのリアルタイム処理を1チップで実現するRZ/T1を用いて、実際の開発フローを想定した実習形式の解説を行います。EtherCATの概要、スレーブソフト開発の演習、認証試験ツールの使用方法、またデュアルコアのメリットと活用事例などをご紹介を行います。


こんな方にオススメです!
  • EtherCAT技術に触れたい方やEtherCATプロトコルに関するトータルソリューションをお求めの方
  • 初めてEtherCATの開発を行う、もしくは、検討中のソフトウェアエンジニア

 参加無料です。お申し込みは>>こちら

【日程・会場】

日 程 時 間 会 場
2019年2月19日(火) 13:00 - 17:00
  • 新大阪会場(CIVI新大阪東) 

【アジェンダ】

  1. RZ/T1の紹介
    RZ/T1グループのコンセプトや特長の紹介
  2. EtherCATの概要紹介
    EtherCATの概要、EtherCAT開発を行うための事前準備、EtherCATマスターなどの紹介
  3. 開発環境の紹介
    TwinCAT(EtherCATマスター)、IAR Embedded Workbench for Arm(統合開発環境)、蔦ASURA(評価ボード)などの紹介
  4. TwinCATの紹介
    TwinCATの使用方法や機能概要/デバッグ方法の紹介
  5. スレーブソフトの開発(カスタマイズ)の紹介
    製品仕様決定、スレーブインタフェースのカスタマイズ、コンフォーマンステストツールの実施方法などの紹介
  6. ハンズオン
    ESI変更、OD変更など、スレーブインターフェース開発の実習を行います。
  7. 認証試験ツール(CTT)の紹介
    テスト内容紹介、テストエラーの事例紹介
  8. RZ/T1のデュアルコアのメリットと活用事例
    RZ/T1の特長であるデュアルコアのメリットと事例の紹介
  9. 蔦ASURAソリューション紹介

【演習環境】

  • 統合開発環境「IAR Embedded Workbench for Arm」(IARシステムズ製)
  • Arm用 JTAGエミュレータ「I-Jet」(IARシステムズ製)
  • RZ/T1搭載 蔦ASURA(コア社製)
  • TwinCAT3(ベッコフオートメーション)

© IAR Systems 1995-2018 - All rights reserved.

当ウェブサイトではユーザ利便性向上のためにCookieを利用しています。サイトの閲覧を継続するためにはCookieの使用について承諾する必要があります。 Cookies