2020/7/30 【テクニカルウェビナー】これからの省エネルギー機器の設計に必要なインバータ開発の基礎知識

【テクニカルウェビナー】これからの省エネルギー機器の設計に必要なインバータ開発の基礎知識

 

参加事前登録 (無料) はこちら

 

日 程 時 間 会 場

2020年7月30日 (木)

14:00 - 15:30

オンラインイベント

 

初めてのパワーエレクトロニクス開発:心構えと安全なデバッグ方法

 

【概要】

近年、社会的な省エネルギーの要望から、パワーレクトロニクス技術を使用したインバータモータ制御の導入が進んでいます。また製品設計の観点からもロボティックスや産業機器で可動部分にはモータ制御が必要となっており全てがデジタル回路で賄える訳ではありません。

パワーエレクトロニクス技術は回路技術・制御技術であるため、新規参入企業では、一般的な回路技術者が割り当てられることが一般的です。しかしながら、パワーエレクトロクス技術は高電圧・大電流を扱う技術であるため、一般的な回路技術とは異なった部分があります。従って、初期知識がない状態で参入すると問題が多発し、開発が計画通りにすすまず、社内的に大きな問題を起こしがちなのが実情です。また、この分野での実験は危険を伴うため、場合によっては開発者が大きなリスクに晒されることもあります。

本ウェビナーでは、パワーエレクトロニクス技術に参入する際の基本的な心構えや、危険を伴う実験から開発者の安全を確保するために必要な環境、安全な実験方法、効率の良い実験手法、データの見える化ツールなどをインバータモータ制御を例に紹介します。

 

【こんな人におすすめ】

こんな人におすすめ:組込みシステム、IoT機器および産業機器設計で可動部分にインバータモータ制御を検討している方。また将来的にモータ制御を省エネルギーにすることを検討している方。

 

【当日のアジェンダ】

  1. 安全確保のための実験環境
  2. 通常の回路デバッグ法をパワーエレクトロニクスに適用した際の危険性
  3. ICS++を使用したパワーエレクトロニクス向けのデバッグ手法
  4. モータ制御開発に最適な開発ツールの紹介
  5. Q&A

 

【プレゼンター】

  • 株式会社デスクトップラボ 代表取締役 坂本三直
  • IARシステムズ株式会社 営業部マネージャ 原部和久

© IAR Systems 1995-2020 - All rights reserved.

当ウェブサイトではユーザ利便性向上のためにCookieを利用しています。サイトの閲覧を継続するためにはCookieの使用について承諾する必要があります。 Cookies