2020/9/16 【テクニカルウェビナー】車載ソフトウェア開発の機能安全対応における最新動向と潜在的課題とは?

【テクニカルウェビナー】車載ソフトウェア開発の機能安全対応における最新動向と潜在的課題とは?

 

参加事前登録 (無料) は こちら

 

日 程 時 間 会 場

2020年9月16日 (水)

14:00 - 15:30

オンラインイベント

【概要】
自動車業界では、自動車向けの機能安全規格ISO 26262への対応はもはや必須となりつつあります。その一方で下記の様な潜在的な課題が依然として存在することが実情です。

・これから機能安全対応対応を検討しているが、実践的なノウハウや知見に乏しい
・既に機能安全対応の経験はあるが、自社のやり方がベストかどうかわからない。
・社内の情報共有が難しい。最適な相談先を知りたい。
・機能安全対応のスキルを広く社内定着させていくことが難しい。
・機能安全対応においては、欧州主導の規格対応に追われてしまっている。今後は日本企業として競争力を担保していきたい。

本ウェビナーでは、数多くのISO 26262取得やプロセス改善を手掛けてきたエキスパートである株式会社ヴィッツを講師に迎えて、業界における長年の経験をもとに、ISO 26262対応に関する業界全体トレンド、過去の試行錯誤の例、およびソフトウェア開発における課題と解決策についての概要をお伝えします。

【こんな人におすすめ】
・ISO 26262対応経験はあるが、よりスマートな方法を知りたい方
・ISO 26262対応予定があるため、事前に押さえておくポイントや躓き所を知りたい方
・ISO 26262の最新動向と今後の課題を知りたい方
・車載関連製品の開発に関わるマネジメント
・車載関連製品のソフトウェア・エンジニア

【本セミナーで得られるもの】
・ISO 26262取得の、おおまかなイメージおよび日本メーカが抱える課題
・ISO 26262取得をよりスマートに実現するための方法や方向性
・機能安全認証向けソフトウェア開発における注意点

【アジェンダ】
・はじめに
・ISO 26262の概要
・ISO 26262対応へのトレンド・課題
・ISO 26262対応への解決策
・Q&A


【プレゼンター】

山田 優(IARシステムズ株式会社 営業部 ストラテジックセールス 兼 機能安全 (FS) 担当)
杉浦 正直(株式会社ヴィッツ 機能安全開発部 機能安全推進室機能安全コンセプト構築グループ グループリーダー)

参加事前登録 (無料) は こちら

© IAR Systems 1995-2020 - All rights reserved.

当ウェブサイトではユーザ利便性向上のためにCookieを利用しています。サイトの閲覧を継続するためにはCookieの使用について承諾する必要があります。 Cookies