2014/06/25 東芝製 ARM Cortex-R4搭載TMPR454評価キットを新発売

IARシステムズが東芝製 ARM Cortex-R4搭載TMPR454評価キットを新発売

IARシステムズ(本社:スウェーデン・ウプサラ市、日本法人:東京都千代田区、代表取締役:上村清史)は、東芝製ARM® Cortex®-R4コアベースマイコンTMPR454の評価キットを新たに発売しました。

IARシステムズが今回発売するTMPR454評価キット(製品名:KSK-TMPR454-IL)に搭載される東芝製HEV/EV向けモータ/ジェネレータ制御用マイコン TMPR454F10TFGは、車載用ベクトルエンジン ,1パルス制御機構 ,内蔵RDCの連携により、簡単な設定で効率の良い高速回転を実現、またH/Wで故障検出を行う機能安全検出アラームを実装する車載用モータ制御マイコンです。

TMPR454評価キットには、同マイコンの全ピンユーザ利用可能な評価ボードのほかに無償評価版ソフトウェア開発ツール(当社ウェブよりダウンロード)、JTAG-ICE(I-jet™ Lite)、サンプルプロジェクトが同梱されています。ハードウェア、ソフトウェアおよびツールが一体となった高度な統合開発環境がワンパッケージになっており、簡単に評価、試作を始めることができます。付属のJTAG-ICEでのJTAG、SWDのデバッグ機能に加え、オプションの外付けデバッグツールを使用することにより、デバッグ機能の拡張が可能です。

IARシステムズのTMPR454評価キットで利用可能な統合開発環境(IAR Embedded Workbench® for ARM/略称:EWARM)は、ARMベースのマイクロコントローラ開発において最も広い採用実績を持ちます。EWARMは効果的なコード生成、幅広いデバッグ機能、使いやすいIDEで知られており、開発の効率化にも貢献します。また機能安全認証取得が必要なアプリケーション向けにおいては、ISO26262/IEC61508認証取得した「機能安全ライセンス」も用意し、ユーザ様の開発環境検証作業における負荷を軽減いたします。

TMPR454評価キット発売に際し、「東芝製TMPR454F10TFGはモータ制御でKEYとなる3つのオリジナル回路(VE、RDC、PMD)を搭載し、車載モータ制御に必要となる機能要求を満たした製品です。また、H/Wで故障を検出する機能安全機構を周辺回路に至るまで搭載し、ISO26262の規定するASILDレベルのシステム開発にも寄与できる仕様となっています。」株式会社東芝 セミコンダクター&ストレージ社 ミックスドシグナルIC事業部 車載IC応用技術部 吉田和義氏は語ります。「今回IARシステムズ社より、本評価キットの発売されたことで、車載・建機分野等のモータ制御領域におけるユーザ様に当社TMPR454の性能を実感していただき、システム開発のお役に立つことを期待しています。」
VE: Vector Engine RDC: Resolver to Digital Convertor PMD: Programmable Motor Driver

 
IARシステムズ社製TMPR454評価キット(型番:KSK-TMPR454-IL)の販売価格は 35,000円(税別)で本日より日本国内における出荷を開始いたします。
詳しくは http://www.iar.com/jp をご覧ください。また、お問い合せも弊社HPより承っております。

以上

【IARシステムズについて】
IARシステムズは世界で主要な組込み開発ツールメーカであり、C/C++ コンパイラ・デバッガ統合開発環境 (IDE)、開発キット、ICE、ステートマシン設計ツールなどを組込みシステム向けに、幅広く提供しています。IARシステムズの顧客は通信、FA、自動車業界等、多岐にわたっております。1983年に創業し、アメリカ、中国、日本、韓国、ドイツ、イギリス、フランス、スウェーデン、ブラジルに拠点を持ち、代理店ネットワークを介して世界中に展開しています。
IARシステムズは、そのオーナー企業であるIAR Systems Groupを介してNASDAQ OMXストックホルムに上場しています。詳細情報につきましては、http://www.iar.com/jp をご覧ください。

お問合せ先: 
IARシステムズ株式会社
マーケティング 
Tel: 03-5298-4800 
Email: info.JP@iar.com

© IAR Systems 1995-2016 - All rights reserved.