2014/04/24 ルネサス RL78 用統合開発環境の最新版を提供開始

ルネサス RL78 用統合開発環境の最新版を提供開始

2014 年4月24日
IAR システムズ株式会社

 

IAR システムズ株式会社(本社:スウェーデン・ウプサラ市、日本法人:東京都千代田区、代表取締役:上村清史、以下IAR システムズ)は、 ルネサス RL78 用統合開発環境 IAR Embedded Workbench®の最新バージョンを発表しました。最新バージョンでは新機能が搭載され、ルネサス RL78 を用いたアプリケーション開発をより高度かつ簡単するといった特徴を備えています。

 最新バージョン 1.40 では C++言語の機能である多重継承が追加されました。本機能により開発者は複数の親クラスをベースにしたクラスを定義することができ、特性や機能を継承することができます。また、__hugeデータメモリ属性のサポートにより、 64K バイト以上の連続データを取扱うことができます。例として、 64K バイト以上のサイズの配列のインデックスが可能となります。

 また、非常に大きな整数値を取り扱うために、 C99 で定義されたデータ型である long long が本バージョンにて導入されました。 long long データ型は 64 bit に拡張された整数値を保持し、計測アプリケーションなどで有益な機能です。

 ルネサス社 L78 での開発をさらに便利にする機能として、プロジェクトのファイルに対して、外部解析ツールを起動させる機能が実装されました。本機能は PC-lint などの静的解析ツールとのインタフェースとして多く使用されます。また、外部ツールとの連携としてカスタム引数変数が追加され、外部ビルドツールからの引数を受け取ることができるようになりました。

 IARシステムズはルネサス社 MCU の全ファミリに対応した高性能な開発環境を提供できる唯一のツールベンダであり、 RL78 を最初にサポートしたツールベンダです。IAR システムズは継続的にルネサス社の新デバイスを追加サポートし、本バージョンでも新たなデバイスが追加されています。

RL78 用 IAR Embedded Workbench についての詳細はこちらをご覧ください。

製品の詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://www.iar.com/jp/Products/IAR-Embedded-Workbench/Renesas-RL78/

                                                                                                                                  以上

 【IARシステムズについて】

IAR システムズは世界で主要な組込み開発ツールメーカであり、 C/C++ コンパイラ・デバッガ統合開発環境 (IDE)、開発キット、ICE、ステートマシン設計ツールなどを組込みシステム向けに、幅広く提供しています。IAR システムズの顧客は通信、FA、自 動車業界等、多岐にわたっております。1983 年に創業し、アメリカ、中国、日本、ドイツ、イギリス、フランス、スウェーデン、ブラジルに拠点を持ち、代 理店ネットワークを介して世界中に展開しています。

IAR システムズは、そのオーナー企業である IAR Systems Group を介して NASDAQ OMX ストックホルムに上場しています。詳細情報につきましては、http://www.iar.com/jp をご覧ください。

お問合せ先:
IARシステムズ株式会社
マーケティング
Tel: 03-5298-4800
Email: info.JP@iar.com

© IAR Systems 1995-2016 - All rights reserved.