2015/12/18 RL78用開発ツールに解析機能を追加

Renesas RL78用開発ツールに解析機能を追加

IAR Embedded Workbench for RL78の最新バージョンで、スタック使用量解析機能、静的解析アドオン機能C-STAT が利用可能になりました。

ウプサラ, スウェーデン—2015年12月18日—IARシステムズは最新のIAR Embedded Workbench® for RL78 のC/C++ コンパイラ&デバッガにて静的解析アドオン機能 C-STAT®のサポートを開始したことを発表しました。日々の開発ワークフローにおいてパワフルなコード解析機能が利用可能となることで、Renesas RL78ファミリの品質向上を実現致します。

C-STATは、統合開発環境IAR Embedded workbenchに統合された強力な静的解析アドオン機能です。静的解析ツールを使えばソースコードレベルにおいて潜在的なエラーやバグを発見することができます。例えばメモリリーク・アクセス違反・算術演算のエラー・配列や文字列のオーバーランといった潜在的なコードエラーを発見でき、アプリケーションの誤動作を未然に防ぎます。このような誤作動は製品品質やセキュリティ問題に影響するため、開発サイクルの初期段階でコードエラーを発見することが重要です。C-STATでは、MISRA C:2004・ MISRA C++:2008 ・ MISRA C:2012の他にもCWE (the Common Weakness Enumeration) や CERT C/C++といった基準に基づく100以上のルールに沿ったチェックを行います。ユーザーはIAR Embedded WorkbenchのIDE上から、直接任意でコーディング規約単位または個別のルール単位でチェックするかを簡単に選択できます。

さらに、IAR Embedded Workbench for RL78のバージョン 2.20ではスタック使用量解析の機能が追加されています。スタック使用量解析を使うことによってアプリケーションで使用される可能性のある最大量などの詳細が把握できます。スタック領域を計算することは、最小規模の組込みシステム以外では非常に大変なことで知られています。多くの組込みシステムにおいては、最大スタック使用量が大変有用な情報となります。このスタック情報を使用することで、アプリケーションがどの程度のスタック領域を必要とするかの算出を格段に簡素化できます。IAR Embedded Workbench for RL78上でスタック使用量解析を有効にすることで、リンカマップファイルに各コールグラフルートからの最大スタック使用量が記載されているStack Usageセクションが追加されます。スタック解析プロセスは、関数ポインタ経由の関数コールや、再帰関数などに対応するためにカスタマイズすることも可能です。

IAR Embedded Workbench for RL78は業界最高水準のコード最適化技術を有しており、コンパクトで速いコードを生成します。実行スピードの更なる向上のため、64-bitの倍精度浮動小数点演算の性能が向上しました。

ツールチェーンにはRenesas AP4 for RL78が含まれます。このスタンドアロンツール(正式名称はApplilet) を用いることで、ユーザーがペリフェラルドライバを自動で生成することができます。Renesas AP4 for RL78 はIAR Embedded Workbench for RL78をサポートしています。 生成されたコードはIARプロジェクトコネクション機能を通じて利用することができます。

IAR Embedded Workbench for RL78はRL78マイコン用の開発ツールです。ユーザーフレンドリーなIDEと高度な最適化技術を誇るIAR C/C++ Compiler™ 多機能なC-SPY® Debuggerを含みます。TÜV SÜDによって機能安全規格IEC61508, 自動車の機能安全規格ISO26262の認証を取得した機能安全版を含めた、いくつかのエディションが提供されています。
IAR Embedded Workbench for RL78の詳細は下記ご確認ください。 https://www.iar.com/jp/iar-embedded-workbench/renesas/rl78/

 

IARシステムズについて
IAR システムズは世界トップクラスの組込み開発ツールメーカであり、C/C++ コンパイラ・デバッガ統合開発環境 (IDE)、開発キット、ICE、ステートマシン設計ツールなどを組込みシステム開発向けに、幅広く提供しています。IARシステムズの顧客は通信、 FA、自動車業界等、多岐にわたっております。1983年に創業し、アメリカ、中国、韓国、日本、ドイツ、フランス、スウェーデン、ブラジルに 拠点を持ち、代理店ネットワークを介して世界中に展開しています。IARシステムズは、そのオーナー企業であるIAR Systems Groupを介してNASDAQ OMXストックホルムに上場しています。詳細情報につきましては、http://www.iar.com/jp/をご覧ください。

お問合せ先:
IARシステムズ株式会社 マーケティングチーム
Tel: 03-5298-4800 / Email: info.JP@iar.com

© IAR Systems 1995-2016 - All rights reserved.