2016/04/12 IARシステムズがARM向けツールを強化

IARシステムズがARM向けツールを強化

 

フラッシュブレークポイントと拡張された静的解析ツール機能をリリース

 

2016年04月01日 - IAR システムズ株式会社(本社:スウェーデン・ウプサラ市、日本法人:東京都千代田区、代表取締役:上村清史、以下IARシステムズ)はARM®ベースの組込みアプリケーション開発で世界トップクラスのシェアを誇るC/C++コンパイラ・デバッガツールチェーンの最新バージョンを発表いたしました。IAR Embedded Workbench® for ARMのバージョン7.60では、フラッシュブレークポイント機能と静的解析ツールC-STAT®の拡張機能が追加されました。

 

C-STATは、ソースコードレベルで解析を行うことにより、高度な静的解析を実行します。それにより、開発サイクルの早期段階でコード品質の保証ができるだけでなく、不具合やバグ、そしてCERT C/C++やCommon Weakness Enumeration (CWE)で定義されるセキュリティの脆弱性を発見でき、さらにMISRA C:2004・MISRA C++:2008・MISRA C:2012などのコーディング規約への準拠をも手助けします。C-STATは統合開発環境IAR Embedded Workbenchと連携しており、最新のアップデートでは、90の新しいMISRA C:2012のチェックと二つの新しいチェックのパッケージを含む、約150ものチェック機能を新たに追加しました。それに加え、解析の誤判定排除の有効化もしくは無効化や、解析からファイルを除外する新たなオプションも追加されました。

 

バージョン7.60におけるもうひとつの新機能は、フラッシュメモリのデバッグ時に無限数のブレークポイントをセットできる「フラッシュブレークポイント」です。IAR Embedded WorkbenchのC-SPY®デバッガはデバッグ中のアプリケーションに様々なブレークポイントをセットすることが可能で、思い通りの場所で止めることができます。今回のアップデートによって、IAR Embedded WorkbenchとIARシステムズのデバッグプローブI-jet™を併用することで、ARM Cortex®-Mデバイスに無限数のフラッシュブレークポイントを追加することが可能になりました。ユーザコードにブレークポイントをセットすることで、アプリケーションのステータスを容易に調べることができ、デバッグ時間を短縮することが可能です。

 

「新たなフラッシュブレークポイント機能は、フラッシュメモリコードを持つアプリケーションのデバッグ効率を向上させ、また、拡張されたC-STATによってIAR Embedded Workbench for ARMの静的解析機能がより強化されました。」とIARシステムズ プロダクトマネージャ Lotta Frimansonは述べます。「開発者はデバイスのパフォーマンスを最大限の引き出すことに多くの時間を費やします。われわれは継続的な製品の改善や新しい機能を追加することで、お客様の日々の開発業務の負担を軽減させることに尽力しています。」

 

IAR Embedded Workbench for ARM はコンパイラ・アセンブラ・リンカ・デバッガがシームレスに統合された、使いやすい統合開発環境です。高度で非常に効率的な最適化機能を提供し、ハードウェア、RTOS、ミドルウェアとも緊密に連携します。また、静的解析機能C-STATはアドオン製品として入手可能です。詳しくはこちらwww.iar.com/jp/iar-embedded-workbench/tools-for-arm

 

###

 

Editor's Note:IAR Systems, IAR Embedded Workbench, IAR Connect, C-SPY, C-RUN, C-STAT, visualSTATE, IAR KickStart Kit, IAR Experiment!, I-jet, I-jet Trace, I-scope, IAR Academy, IARおよびIAR SystemsロゴタイプはIAR Systems ABが所有権を有する商標または登録商標です。ARMおよびCortexは、ARM Limited(またはその子会社)のEUまたはその他の国における登録商標です。

 

IARシステムズについて
IAR システムズは世界トップクラスの組込み開発ツールメーカであり、C/C++ コンパイラ・デバッガ統合開発環境 (IDE)、開発キット、ICE、ステートマシン設計ツールなどを組込みシステム開発向けに、幅広く提供しています。IARシステムズの顧客は通信、 FA、自動車業界等、多岐にわたっております。1983年に創業し、アメリカ、中国、韓国、日本、ドイツ、フランス、スウェーデンに 拠点を持ち、代理店ネットワークを介して世界中に展開しています。IARシステムズは、そのオーナー企業であるIAR Systems Groupを介してNASDAQ OMXストックホルムに上場しています。詳細情報につきましては、http://www.iar.com/jp/をご覧ください。

 

お問合せ先:
IARシステムズ株式会社 マーケティング部 マネージャ 古江勝利
Tel: 03-5298-4800 / Email: Katsutoshi.Furue@iar.com

© IAR Systems 1995-2016 - All rights reserved.