2016/07/05 IARシステムズがUSAオフィス社長を任命し更なる成長を目指す

IARシステムズがUSAオフィス社長を任命し

更なる成長を目指す

 

2016年7月5日 - IAR システムズAB(所在地:スウェーデン・ウプサラ市、CEO:ステファン スカリン)は、USAオフィスの社長にRich D’Souzaを任命したことを発表しました。IARシステムズのマネジメントチームは、この人事が更なるオペレーションの効率化とUSA地域におけるアクティビティの強化につながると確信しています。

 

「この人事はUSA地域の事業成長が新たな段階に踏み入るためのものになるでしょう。」とIARシステムズCEOのステファン スカリンはコメントしています。「Rich D’Souzaは通信、IoT、医療および航空産業市場における数多くの成功を収めてきた経歴を持ち、更にテクニカルセールスの経験も持ち合わせています。 彼をUSAオフィスの社長に任命したことで、我々の顧客との新たな関係も構築され、更なる事業成長が可能になることでしょう。」

新しくUSAオフィスの社長となったRich D’Souzaは次のように語っています。「IARシステムズUSA地域を任される機会を得たことに喜びを感じています。私の主なフォーカスは売り上げの増大と新しいビジネスの発掘です。これから我々の顧客およびパートナー企業、そしてIARシステムズのUSAチームメンバーについて理解していくつもりです。」

Rich D’SouzaはSan Diego State Universityにおいて電気工学の理学士を取得し、更に戦略的営業のトレーニングを受けました。かれは20年以上に渡ってテクノロジ―企業向け営業リーダーのポジションを務めてきました。直近のキャリアとしては、Wind River、ARC International、Green Hills Software、Oracleおよび6WINDがあります。

スウェーデンに本社を置くIARシステムズは、営業およびサポートオフィスを、USAを始め、ヨーロッパ、日本およびアジア地域に展開しています。USA地域は現在35名のスタッフがカリフォルニア、テキサスおよびマサチューセッツに勤務しています。

 

###

Editor's Note:IAR Systems, IAR Embedded Workbench, IAR Connect, C-SPY, C-RUN, C-STAT, visualSTATE, IAR KickStart Kit, IAR Experiment!, I-jet, I-jet Trace, I-scope, IAR Academy, IARおよびIAR SystemsロゴタイプはIAR Systems ABが所有権を有する商標または登録商標です。ARMおよびCortexは、ARM Limited(またはその子会社)のEUまたはその他の国における登録商標です。

 

IARシステムズについて
IAR システムズは世界トップクラスの組込み開発ツールメーカであり、C/C++ コンパイラ・デバッガ統合開発環境 (IDE)、開発キット、ICE、ステートマシン設計ツールなどを組込みシステム開発向けに、幅広く提供しています。IARシステムズの顧客は通信、 FA、自動車業界等、多岐にわたっております。1983年に創業し、アメリカ、中国、韓国、日本、ドイツ、フランス、スウェーデンに 拠点を持ち、代理店ネットワークを介して世界中に展開しています。IARシステムズは、そのオーナー企業であるIAR Systems Groupを介してNASDAQ OMXストックホルムに上場しています。詳細情報につきましては、http://www.iar.com/jp/をご覧ください。

 

お問合せ先:
IARシステムズ株式会社 マーケティングチーム 古江勝利
Tel: 03-5298-4800 / Email: Katsutoshi.Furue@iar.com

© IAR Systems 1995-2017 - All rights reserved.