2017/06/08 IARシステムズがルネサスの車載マイコンRH850ファミリ用の機能安全ツールを発表

本リリース文はIAR Systems ABから発表された英文の抄訳です。

IARシステムズがルネサスの車載マイコンRH850ファミリ用の機能安全ツールを発表

ルネサスRH850ファミリ用IAR Embedded Workbench機能安全版は、IEC 61508、ISO 26262およびEN 50128規格の認定を取得しており、認証済みのツール、検証作業の簡素化および保証されたサポートを、お客様の製品ライフサイクルを通して提供します。

2017年6月8日 - IAR システムズ株式会社(本社:スウェーデン・ウプサラ市、日本法人:東京都千代田区、代表取締役:石川 博、以下IARシステムズ)は、ルネサス エレクトロニクス株式会社(以下ルネサス)の車載用マイコンRH850ファミリ用IAR Embedded Workbench®の機能安全版の発売を以って、セーフティ関連のソフトウェア開発に向けたツール機能の拡張を発表しました。機能安全版は国際規格IEC 61508と、その派生規格である車載セーフティ関連向けのISO 26262およびヨーロッパ鉄道規格向けのEN 50128に準拠しており、TÜV SÜD によって認証されています。

 

機能安全は、今日の組込みシステム、特に車載産業において最も重要な仕様のひとつです。

ソフトウェア開発者は、認証を取得していないツールを使用する場合、機能安全および高信頼性の規格を通すために、特定の開発ツールを選択した正当性について広範囲に渡って証明しなければならず、そのために費やすリソースはコストと開発期間の増大を意味します。この課題を解決するために、IARシステムズは機能安全版のC/C++コンパイラおよびデバッガを含むツールチェーンであるIAR Embedded Workbenchを提供しており、この度、高信頼性の要求される広範でスケーラブルな製品用途に於いて、高性能と低消費電力を両立したルネサス車載用マイコンRH850ファミリへの対応を果たしました。この認証は、IARシステムズの開発プロセス全体および提供されるソフトウェア品質の正当性を裏付けます。品質保証されたIARシステムズと、それに含まれるセーフティマニュアルによって、お客様はルネサスRH850用IAR Embedded WorkbenchをIEC 61508に準拠した各Safety Integrity Level(SIL)およびISO 26262の各ASIL(Automotive Safety Integrity Level)要求に応じたセーフティ関連のソフトウェア開発に使用することができます。

 

ルネサス エレクトロニクス株式会社 第一ソリューション事業本部副本部長兼セーフティ・ソリューション事業部長の吉岡真一氏は次のようにコメントしています。「伝統的に人間に任されていた運転のタスクを自動車が受け持ち始めたことにより、車載制御システムにおけるセーフティ要求は劇的に増大しています。機能安全に焦点を当てた車載技術へのアプローチは、運転支援技術の安全性を飛躍的に向上させます。」「両社共通のお客様が、開発プロセスを通して最高の安全基準を維持することを可能にする、機能安全と組込みセキュリティ機能を豊富に搭載した、RH850ファミリ用のISO 26262認証済みツールチェーンをIARシステムズから提供されるというニュースを歓迎します。また、我々はIARシステムズとの長期に渡る協力関係が、継続的に世界中で良い顧客体験を生み出していることを大変嬉しく思います。」

 

ルネサスRH850用IAR Embedded Workbench機能安全版には、機能安全証明書、TÜV SÜDによるセーフティレポートおよびセーフティマニュアルが含まれています。機能安全版ツールには、IARシステムズから専用サポートおよびバージョン固定による長期サポート保証を含む保守契約が提供されます。優先的テクニカルサポートに加えて、機能安全版の保守契約には検証済みサービスパックの提供や既知の問題に関する定期レポートも含んでいます。

 

IARシステムズは、ルネサスRH850ファミリ用IAR Embedded Workbench機能安全版以外にも、ARM®用、ルネサスRXおよびルネサスRL78ファミリ用の機能安全版も用意しています。
詳しくはこちらwww.iar.com/jp/safety

###

Editor's Note: IAR Systems, IAR Embedded Workbench, IAR Connect, C-SPY, C-RUN, C-STAT, visualSTATE, IAR Visual State, IAR KickStart Kit, I-jet, I-jet Trace, I-scope, IAR Academy, IARおよびIAR SystemsロゴタイプはIAR Systems ABが所有権を有する商標または登録商標です。その他全ての製品名は各々の所有者の登録商標です。

 

本リリース内容についてのお問合せ

IARシステムズ株式会社
マーケティング部 古江勝利
Tel: 03-5298-4800/ Email: Katsutoshi.Furue@iar.com

 

IARシステムズについて

IAR システムズは、組込み開発者および世界中の企業が今日必要な製品を開発し明日のイノベーションを創出するための、実証されたソフトウェアツールとサービスを提供します。1983年の創業以来、IARシステムズのソリューションは100万例を超える組込みアプリケーション開発において、その品質、信頼性および効率性が実証されてきました。スウェーデンのウプサラに本社を置き、営業とサポートオフィスを世界中に展開しています。IAR Systems Group ABはNASDAQ OMXストックホルムMid Cap.に上場しています。詳細情報につきましてはhttp://www.iar.com/jp/ をご覧ください。

© IAR Systems 1995-2017 - All rights reserved.