2018/02/27 IARシステムズとSecure Thingzがセキュアなアプリケーション開発を効率化するEmbedded Trust™を発表

本リリース文はIAR Systems ABから発表された英文の抄訳です。

IARシステムズとSecure Thingzが

セキュアなアプリケーション開発を容易にする製品Embedded Trust™を発表

 

Embedded Trustは、企業がセキュアな製品開発を効率的に行うことを実現するために、IAR Embedded Workbenchに統合されたセキュリティ開発環境です。

 

embedded world 2018, ニュルンベルグ, ドイツ―2018年02月27日―組込み開発向けのソフトウェアツールおよびサービスにおいて将来性の高いサプライヤであるIARシステムズ株式会社(本社:スウェーデン・ウプサラ市、日本法人:東京都千代田区、代表取締役:石川 博、以下IARシステムズ)と、Internet of Things (IoT) 向けの高度なセキュリティソリューション開発におけるリーダーであるSecure Thingzは、この度、新製品Embedded Trust™ を発表しました。Embedded Trustは、IDの特定、セキュアな製品開発の簡素化、セキュアな製品の製造の効率化およびライフサイクル全体にわたってデバイスを管理できるようにすることで、セキュリティをワークフローに統合することができる、セキュリティ開発環境です。この新製品は、embedded world 2018のIAR Systems ブース (4-216) で展示されています。

 

Embedded Trustは、高性能でパワフルなコード最適化機能で知られている完全なツールチェーンIAR Embedded Workbench® に、シームレスに統合されたセキュリティ開発環境です。これによって、開発者が高速で高効率で非常にコンパクトなコードを生成するのと並行して、セキュリティ開発を日々のワークフローの一部として組み込むことが可能になります。セキュリティ開発環境Embedded Trustは、統合されたIDと証明書の管理、スケーラブルなセキュアブートマネージャ、製造マスタリングによるセキュア製品展開、市場投入後のバージョンおよびリモートアップデート管理を含む、複数の中核となるセキュリティドメインをカバーしています。

セキュアなマイクロコントローラにおいて堅牢なRoot of Trustを実現するため、Embedded Trustはセキュアなデバイスのハードウェアを活用して下位レベルのセキュアなブートおよびファームウェア更新マネジメントを提供する、スケーラブルなセキュアブートマネージャを含んでいます。Embedded Trustに統合されたIDと証明書管理によって、企業はセキュアなサプライチェーンにおいて、製品の所有権を特定し、またその製造元を保証することができます。

アプリケーションが作成されると、Embedded Trustを使用して知的財産のマスタリングと使用制限を行えます。さらに、マスタリングは開発者の認証から正式な製造の認証への移行と、早期のファームウェア漏えい防止が可能になります。また、Embedded Trustは、ファームウェアのバージョンとアップデート管理を開発フローに統合しているため、アップデートのリリースを容易に行うことができるので、製品ライフサイクル管理の負担が大幅に軽減できます。

 

IARシステムズ CEO Stefan Skarinは次のように述べています。「セキュリティ対応をシンプルかつスケーラブルにすることで、企業は過剰生産や偽造およびデータやコードの損失などの取り扱いから知的財産を完全に保護することができます。」「Embedded Trustは開発プロセス本来の部分としての信頼性を確立するソリューションを提供し、セキュリティ対応の簡素化と、将来に渡るセキュアなアプリケーションの構築を可能にします。

 

Secure Thingz CTO兼 創業者 Haydn Povey は次のように述べています。「組込みシステムにおいては、より複雑で、高性能かつ更なるネットワーク接続性が求められており、企業は製品開発から市場展開のギャップが起きている間に、製品の基盤としてセキュリティ導入を簡素化する方法を探さなくてはなりません。Embedded Trustはそれを可能にします。」「IARシステムズとの協業により、企業は組込みシステムの世界で信頼性を構築することができ、次世代の組込みデバイスをセキュアにすることを現実にします。」

 

新製品Embedded Trustは、embedded world 2018のIAR Systems ブース (4-216) で展示されています。 また、本製品のリリースは2018年第2四半期を予定しております。
Embedded Trustについての詳細は www.iar.com/jp/embeddedtrust をご覧ください。

 

###

Editor's Note: IAR Systems, IAR Embedded Workbench, IAR Connect, C-SPY, C-RUN, C-STAT, IAR Visual State, IAR KickStart Kit, I-jet, I-jet Trace, I-scope, IAR Academy, IAR, and the logotype of IAR Systems are trademarks or registered trademarks owned by IAR Systems AB. All other products names are trademarks of their respective owners.

 

本リリース内容についてのお問合せ

IARシステムズ株式会社
マーケティング部 古江勝利
Tel: 03-5298-4800 E-mail: Katsutoshi.Furue@iar.com

IARシステムズについて

IAR システムズは、組込み開発者および世界中の企業が今日必要な製品を開発し明日のイノベーションを創出するための、実証されたソフトウェアツールとサービスを提供します。1983年の創業以来、IARシステムズのソリューションは100万例を超える組込みアプリケーション開発において、その品質、信頼性および効率性が実証されてきました。スウェーデンのウプサラに本社を置き、営業とサポートオフィスを世界中に展開しています。IAR Systems Group ABはNASDAQ OMXストックホルムMid Cap.に上場しています。詳細情報につきましてはhttp://www.iar.com/jp/ をご覧ください。

© IAR Systems 1995-2018 - All rights reserved.

We use cookies on this website to provide you with a better experience. You need to accept cookies to continue using this site. Cookies