2018/11/27 IAR システムズの高性能ツールが、Arm DesignStartでサポートされるArm Cortex-A5にも対応

本リリース文はIAR Systems ABから発表された英文の抄訳です。

IAR システムズの高性能ツールが、Arm DesignStartでサポートされるArm Cortex-A5にも対応

IAR Embedded WorkbenchがArm DesignStartのサポートを拡大し、医療、スマートホーム、ゲートウェイおよびウェアラブ等のアプリケーション向け高性能SoC設計を加速します

スウェーデン、ウプサラ市-2018年11月29日-組込み開発向けのソフトウェアツールおよびサービスにおいて将来性の高いサプライヤであるIARシステムズ株式会社(本社:スウェーデン・ウプサラ市、日本法人:東京都千代田区、代表取締役:上村 清史、以下IARシステムズ)はArmCortex®-A5 CPUのサポートを追加したことにより、Arm®DesignStart™コミュニティにおける存在感を高めます。System on Chip(SoC)設計者は、DesignStart Cortex-MおよびCortex-Aプロセッサを使用したSoC開発時に、強力な開発ツールチェーンであるIAR EmbeddedWorkbench®を使用する選択肢を得たことにより、より迅速かつ信頼性の高い開発が可能になります。

Arm DesignStartプログラムは、Arm Cortex-M0、Cortex-M3、またはCortex-A5プロセッサを低コストかつ迅速に入手してカスタムSoCを作成することを可能にし、設計およびサポートにとどまらず、IoT、ゲートウェイ、センサ、制御およびミックスドシグナルSoC等の幅広いアプリケーション向けに検証済みのサブシステムを提供します。また、開発者は高度に最適化されたC / C ++コンパイラと強力なデバッガを組み込んだIAR Embedded Workbenchの開発環境を即座に使用できます。 自動ベクトル化コンパイラによって、Arm Cortex-A5を含むCortex-AおよびCortex-Rプロセッサに実装されている先進のSIMD(Single Instruction Multiple Data)拡張命令であるNEONテクノロジの使用が容易になります。 NEONテクノロジは、オーディオおよびビデオのエンコード/デコード処理とユーザインタフェース処理を加速することにより、マルチメディア開発におけるユーザ体験を向上させます。また、NEONは、オーディオおよびビデオ処理、音声および顔認識、コンピュータビジョンおよび機械学習などのアプリケーションを高速化するために、信号処理アルゴリズムおよび機能を高速化します。

IAR システムズのグローバル・ストラテジック・セールス部門SoCダイレクタのRobert DeOliveiraは次のようにコメントしています。「SoCプラットフォームの開発には、システム・コンポーネントの統合、コードの複雑さ、および選択されたターゲットに対するコードの最適化など、特定の課題があります。ARM DesignStartユーザは、SoC設計初期段階からIAR Embedded Workbenchを使用できることによって、これらの課題を克服し、堅牢性と信頼性を備え効率を最大化した最終アプリケーションを作製できるようになります。」

Armのポートフォリオ製品マネジメントダイレクタびPhil Burr氏は次のようにコメントしています。「組込みとIoTの将来は、創造性、革新性、スケーラビリティに依存しています。DesignStartは、SoC設計者に検証済みのArm IPとサブシステムへの低コストで迅速なアクセスを提供し、シリコンが出来るまでの時間を加速します。 DesignStartにCortex-A5を追加することによって、より洗練されたカスタムSoCを作成することができます。 IAR Embedded Workbenchツールチェーンを使用することにより、ソフトウェア開発者は、高性能プロセッサを搭載したカスタムSoCの性能を最大限に活用するためのソフトウェアを開発およびデバッグすることができます。」

IAR Embedded Workbenchは、Arm Cortexプロセッサに対応した市場をリードする開発ツールチェーンです。 最高レベルの効率的な速度最適化のおかげで、IAR C / C ++ Compiler™は、非常に高速で小さなコードを生成します。強力なC-SPY®デバッガには、Embedded Trace Macrocell(ETM)によって有効にされた完全な命令トレースなどの包括的なデバッグ機能が含まれており、RTOSプラグインおよび通信スタックやミドルウェア等の幅広いサポートが提供されます。統合された使いやすい静的解析ツールと動的解析ツールは、コード品質を保証するために利用できます。 強力なテクノロジに加えて、IAR システムズはグローバルなサポートサービスと技術トレーニングを提供しています。IAR Embedded Workbenchについて詳しくは下記を参照願います。www.iar.com/jp/iar-embedded-workbench

### Ends

Editor's Note: IAR Systems, IAR Embedded Workbench, Embedded Trust, IAR Connect, C-SPY, C-RUN, C-STAT, IAR Visual State, IAR KickStart Kit, I-jet, I-jet Trace, I-scope, IAR Academy, IAR, and the logotype of IAR Systems are trademarks or registered trademarks owned by IAR Systems AB. All other product names are trademarks of their respective owners.

 

IARシステムズについて

IAR システムズは、組込み開発者および世界中の企業が今日必要な製品を開発し明日のイノベーションを創出するための、実証されたソフトウェアツールとサービスを提供します。1983年の創業以来、IARシステムズのソリューションは100万例を超える組込みアプリケーション開発において、その品質、信頼性および効率性が実証されてきました。スウェーデンのウプサラに本社を置き、営業とサポートオフィスを世界中に展開しています。IAR Systems Group ABはNASDAQ OMXストックホルムMid Cap.に上場しています。詳細情報につきましては http://www.iar.com/jp/ をご覧ください。

 

本リリース内容についてのお問合せ

 IARシステムズ株式会社

マーケティング部 古江勝利
Tel: 03-5298-4800 
E-mail: Katsutoshi.Furue@iar.com

© IAR Systems 1995-2018 - All rights reserved.

We use cookies on this website to provide you with a better experience. You need to accept cookies to continue using this site. Cookies