完全なセキュリティ

Embedded Trust が今ここに!

定義
作製
プログラム
保証
配布

探す

2019/02/13 Secure Thingzがセキュリティ実装を容易にすることでIoT市場の成長を加速

Secure Thingzがセキュリティ実装を容易にすることでIoT市場の成長を加速

Embedded TrustおよびC-Trustソリューションが組込み開発ワークフローに直接的なセキュリティ実装を実現

 

2019年2月13日

イギリス ケンブリッジ – デバイスセキュリティ、組込みシステムおよびライフサイクルマネジメントにおけるグローバル市場のエキスパートであるSecure Thingzは、Embedded TrustおよびC-Trustソフトウェアツールの提供開始を発表しました。これによって、より容易に実装できるクラス最高レベルのセキュリティソリューションが、IoT市場におけるセキュリティギャップの問題を解決します。

設計プロセスの開始段階からセキュリティを構築することが、セキュリティ実現への挑戦として最適なアプローチであることは広く認識されています。そして、それはアプリケーションのセキュリティを定義するセキュリティコンテキストをつくることから開始することを意味します。Embedded Trustは、コネクテッドデバイス向けのRoot of Trustおよび鍵の格納から、セキュリティプロファイルおよびプロジェクトの生成までの、セキュリティ設定をシンプルにしてくれるセキュリティ開発環境です。これは、信頼できるIoTソリューションに必要なローレベルのトラストアンカーおよびセキュアサービスを提供するために、マイクロチップ・テクノロジー、ルネサス エレクトロニクス、NXPセミコンダクターズおよびサイプレス セミコンダクタといった市場をリードする半導体メーカによって作られたセキュアハードウェアを活用するものです。

効果的なセキュリティの実装は、それが大多数の開発者にとって他社との優位性を築くものではなかったため、伝統的に困難なテーマでした。その状況を踏まえて、Secure ThingzとIARシステムズは、セキュリティの実装作業を開発者の既存のワークフローの一部として合理化した製品であるC-Trustを提供します。Embedded Trustによるセキュリティの実装を全てのアプリケーション開発者に拡大するために、C-Trustは市場をリードする組込み開発ツールチェーンのIAR Embedded Workbenchの拡張機能として提供されます。この統合は、設計者がセキュリティ開発作業を日々の開発ワークフローの一部に組み込むことと、より簡単にIoTデバイスの「設計初期段階からセキュリティを」実装することを可能にします。

Secure Thingz 創業者でCEOのHaydn Poveyは次のように述べています。「多くの企業が継続的な成長とIoT市場における成功のために、より強固でスケーラブルなセキュリティの必要性を認識しています。Embedded Trustによって、我々は最先端のセキュリティソリューションを提供し、C-Trustによって開発者にとって容易に実装できるようになります。Secure Thingz、IARシステムズおよび市場をリードする半導体企業による専門技術を活用することによって、我々はコネクテッドデバイスがセキュアかつ持続可能になり、全ての産業が変革する未来を構築していきます。」

現在は、強固なセキュリティの欠如が、IoTデバイスにおける広範な拡散と適用として見受けられます。ABIリサーチによると2022年までに世界における570億個のコネクテッドデバイスのうち70パーセントがIoT化される見込みであるが、今日の時点では新しいデバイスの内わずか4パーセント以下しかセキュリティが組込まれていないということです。更に、サイバーセキュリティスキルを持ったソフトウェア開発者の大幅な不足がセキュリティソリューションの展開を制限しているため、大多数のエンジニアのためのより良いツールおよびインフラが役立つのです。これら次世代のセキュリティ要求に応えるため、Embedded Trustはプロジェクト初期段階から実装できる、次のようなセキュリティ機能および特性を提供します。

 

  • ハードウェアによるトラストアンカーを持ったセキュアデバイスのサポート
  • 統合されたID、所有および証明書のマネジメント
  • セキュアなライフサイクルマネジメントを可能にするスケーラブルなセキュアブートマネージャ
  • 統合された製造マスタリングによるセキュアな製品展開
  • バージョン管理およびアップデート機能を備えたリリースマネジメント

 

Embedded Trustは企業における証明書の階層構造を、製造時において動的に割り当てられて挿入される製品のデバイスフレームワークに対して生成されるために、複数の製品レンジに渡って展開する方法を定義してくれます。

様々な種類のデバイスおよびアプリケーションに必要とされる異なったレベルの適切なセキュリティを実現するためにカスタマイズ可能なセキュアブートマネージャを備えています。

C-Trustは、アプリケーション開発者がセキュアで暗号化されたコードをデリバリーすることを可能にします。横断的な開発チームにおいては、C-Trustを活用して組織のセキュリティのコンフィギュレーションプロファイルを妥協することなく容易に取り込むことが出来ます。

セキュリティの実装をワークフローに取り入れて、様々な種類の半導体メーカが提供するハードウェアへの対応を可能にすることによって、Secure Thingzのソリューションはデバイス企業およびその開発者に対して、所望のアプリケーションに最適なセキュリティの定義を選択できるようにしました。このアプローチは更にセキュアなIoTを実現するでしょう。

 

マイクロチップ・テクノロジーのMCU32ビジネスユニットVice PresidentのRod Drakeは次のように述べています。「IoTノードの急激な増加によって、顧客はタイムリーな製品提供へのプレッシャーのために、充分なセキュリティを検討する時間が不足しています。マイクロチップはアプリケーションをセキュアにするタイミングが訪れた時に、スケーラブルなソリューションが要求されることを認識しています。そして我々は顧客と共にデザインサイクルの初期段階でセキュリティを実装する作業に従事しています。Secure Thingzと我々とのパートナーシップによって、顧客のためのセキュリティ設計プロセスが容易かつ短期間で達成できるでしょう。」

 

ルネサス エレクトロニクス IoTプラットフォーム事業部Vice PresidentのDaryl Khooは次のように述べています。「セキュリティは我々の顧客が今日直面している設計における最大のチャレンジです。高信頼でセキュアに設計された、複雑な組込みシステムを構築するには、多くの課題があり、製品や設計思想におけるセキュアな基盤を確立する必要性が高まっています。ルネサスとSecure ThingzはEnd-To-Endのソリューションの提供を通して、セキュアな組み込みアプリケーションの実現を容易にするために、サプライチェーン全体を通してコラボレーションしていきます。ルネサスの堅牢で安全なMCUと、Secure Thingzのソリューションを組み合わせて、顧客のIoTビジネスの成長が加速することに貢献します。」

 

NXPセミコンダクターズ ローパワーMCUおよびMCUプロダクトライン Vice President and General ManagerのJoe Yuは次のように述べています。「インターネットは、我々のデバイスとの関わり方を変えています。NXPは我々の顧客がIoT向けにスマートでコネクテッドでセキュアなモノを開発するために必要な全てを準備できるようにしたいと考えています。NXPのエンド・ツー・エンドなポートフォリオ、深い知識およびパートナーエコシステムが我々の顧客が最先端のソリューションを設計することを可能にすることでしょう。」

 

製品の入手可能時期

Embedded TrustおよびC-Trust for IAR Embedded Workbenchは今月より全世界に出荷されます。価格および詳細についてはウェブサイト https://www.iar.com/jp/buy/ よりお問い合わせ下さい。尚、製品はドイツのニュルンベルグに於いて2月26日から28日まで開催されるembedded world 2019のIARシステムズブース (#4-216) およびSecure Thingzブース (#4A-104) にて展示されます。

 

Secure Thingzについて

Secure Thingzはデバイスセキュリティ、組込みシステムおよびライフサイクルマネジメントにおける世界的エキスパート企業です。2018年に、組込み開発向けのソフトウェアツールおよびサービスについて将来性の高いサプライヤであるIARシステムズのグループ企業となりました。Secure ThingzはインダストリアルIoT、重要なインフラ設備、オートモーティブおよび様々な市場向けに先進のセキュリティソリューションを提供することにフォーカスしています。Secure Deploy™アーキテクチャは主要なセキュリティ問題であるIoT製品へのセキュリティ攻撃を解決するために開発されました。Secure Thingzのソリューションは低価格のマイクロコントローラにおいて製品ライフサイクル、セキュリティ展開、生産および市場アップデートの仕組みのための中心となる重要なサービスを提供し、コスト効率の高いroot of trustを実現します。Secure ThingzはInternet of Things Security Foundation (www.iotsecurityfoundation.org)の創設メンバーかつ理事会メンバーです。IoTセキュリティにおけるグローバルリーダーについて詳しくは www.securethingz.com.をご覧ください。

 

本リリース内容についてのお問合せ

Tiffany Sparks

Secure Thingz

tiffany.sparks@securethingz.com 

+1 (408) 858 1892 

© IAR Systems 1995-2018 - All rights reserved.

We use cookies on this website to provide you with a better experience. You need to accept cookies to continue using this site. Cookies