RISC-Vを次のステージへ牽引する

IAR Embedded Workbench for RISC-Vは

RISC-V向け開発ツール

2019/04/01 IARシステムズが、デザインおよびコード生成ツールであるVisual Stateの機能を、JavaおよびC#で拡張

本リリース文はIAR Systems ABから発表された英文の抄訳です。

IARシステムズが、デザインおよびコード生成ツールであるVisual Stateの機能を、JavaおよびC#で拡張

ユーザはIAR Visual Stateを使用することで、ステートマシンをグラフィカルにデザインし、そのデザインに完全対応したソースコードを生成することが可能に

スウェーデン、ウプサラ市‐2019年3月22日‐ 組込み開発向けのソフトウェアツールおよびサービスにおいて将来性の高いサプライヤであるIARシステムズ株式会社(本社:スウェーデン・ウプサラ市、日本法人:東京都千代田区、代表取締役:上村 清史、以下IARシステムズ)がグラフィカルモデリングツールIAR Visual State®のバージョン10.1を発表しました。新バージョンでは、対応言語としてC/C++に加えてJavaとC#によるコード生成機能が可能になりました。

設計・コード生成ツールIAR Visual Stateは、ステートマシンに基づいて設計に秩序をもたらし、プロジェクトの時間を短縮するのに役立ちます。IAR Visual Stateは、MISRA C/C++コーディング規格に準拠した非常にコンパクトなコードを生成し、さらに、ドキュメントが生成されます。C/C++アプリケーションと同じ環境でJava/C#アプリケーションをグラフィカルに開発することができるのは、誤って機能に違いが生じるリスクを大幅に削減し、組込みとモバイル/PCアプリケーションの両方を含むシステムを開発する際のメンテナンスを簡素化します。アプリケーションのさまざまなバリアントに対してシミュレーションと検証を同時に実行できるため、コード品質が保証され、プロジェクト管理が簡素化されます。

IARシステムズ チーフストラテジーオフィサー(CSO)であるAnders Holmbergは次のようにコメントしています。「ユーザが組込みアプリケーションと同じ環境でJavaまたはC#アプリケーションの使用を可能にすることで、我々は彼らのアプリケーションコードのギャップ発生リスクを最小にし、そのアプリケーションの全ての重要な機能が正しく実装されることを保証します。 IAR Visual Stateの主要ユーザは、自動車業界などの、コード品質と検証が求められるお客様です。これらのお客様の開発を簡素化し、複雑なアプリケーションを管理するための方法としてこのツールを提供しています。

IAR Visual Stateにより、開発者はプロトタイプ作成までの時間をスピードアップさせることで、市場投入までの時間を短縮できます。 設計を整理しモジュール化するスマートな機能によって、チームでの作業を効率化します。本ツールは、C/C++コンパイラ・デバッガツールチェーンのIAR Embedded Workbench®と統合されており、開発者はグラフィカルアニメーションを使用してハードウェア上でデバッグし、ステートマシンレベルでブレークポイントを設定し、機能をトレースおよびログ記録できます。

 

製品詳細と無償評価版はこちら www.iar.com/vs_jp

### Ends

Editor's Note: IAR Systems, IAR Embedded Workbench, Embedded Trust, IAR Connect, C-SPY, C-RUN, C-STAT, IAR Visual State, IAR KickStart Kit, I-jet, I-jet Trace, I-scope, IAR Academy, IAR, and the logotype of IAR Systems are trademarks or registered trademarks owned by IAR Systems AB. All other product names are trademarks of their respective owners.

About IAR Systems

IARシステムズについて

IAR システムズは、組込み開発者および世界中の企業が今日必要な製品を開発し明日のイノベーションを創出するための、実証されたソフトウェアツールとサービスを提供します。1983年の創業以来、IARシステムズのソリューションは100万例を超える組込みアプリケーション開発において、その品質、信頼性および効率性が実証されてきました。スウェーデンのウプサラに本社を置き、営業とサポートオフィスを世界中に展開しています。IAR Systems Group ABはNASDAQ OMXストックホルムMid Cap.に上場しています。詳細情報につきましては http://www.iar.com/jp/ をご覧ください。

 

本リリース内容についてのお問合せ

IARシステムズ株式会社
マーケティング部 古江勝利
Tel: 03-5298-4800 
E-mail: Katsutoshi.Furue@iar.com

© IAR Systems 1995-2018 - All rights reserved.

当ウェブサイトではユーザ利便性向上のためにCookieを利用しています。サイトの閲覧を継続するためにはCookieの使用について承諾する必要があります。 Cookies