2020/09/02 IARシステムズが継続的インテグレーション(CI)ワークフローを簡素化し、静的コード解析を追加したLinuxビルドツールをリリース

本リリース文はIAR Systems ABから発表された英文の抄訳です。

IARシステムズが継続的インテグレーション(CI)ワークフローを簡素化し、静的コード解析を追加したLinuxビルドツールをリリース

 

最新バージョンのLinuxビルドツールはコードのインテグレーションからビルドおよびテストまでを改善

 

2020年9月2日 - 組込み開発向けのソフトウェアツールおよびサービスにおいて将来性の高いサプライヤであるIARシステムズ株式会社(本社:スウェーデン・ウプサラ市、日本法人:東京都千代田区、代表取締役 上村清史)は、自動化されたアプリケーションコードのビルドおよびテストプロセスのためのLinuxベースのフレームワークで実装に使用されるビルドツールのアップデートを発表しました。最新バージョンではIAR Embedded Workbench®で作成したプロジェクトを直接コマンドラインからビルドできるIARBuildツールが追加され、開発環境から継続的インテグレーションまでの効率的なワークフローを実現します。更に、今回のバージョンには、開発からビルドおよびテストプロセスまでのコード品質管理を可能にする、静的コード解析ツールの「C-STAT」が対応しました。

複雑さを増す一方の組込みシステムにおいて、今日のソフトウェア開発環境にはスケーラビリティとフレキシビリティが必要とされています。IARシステムズのLinuxビルドツールはビルドおよびテストプロセスを簡素化することによって、開発者がプロジェクトに費やすことのできる時間と、ライセンスおよびサーバの利用効率を最適化した運用方法を必要とするような双方の事例において、その組織がリソースを最適化することを可能にします。

ツールはCMakeやNinjaのような異なったビルド環境に容易にインテグレーションするこができます。また、コマンドラインビルドのユーティリティであるIARBuildはJenkinsやBambooといった継続的インテグレーション(CI)エンジンとの統合が容易です。静的コード解析ツールのC-STATが追加されたことによって、開発者はコード開発段階からテスト段階に渡ってコード品質を確保することができます。C-STATはMISRA C:2012, MISRA C++:2008およびMISRA C:2004さらにコードの欠陥、バグ、セキュリティ脆弱性を検出するCERT CおよびCommon Weakness Enumeration (CWE)といった業界標準への準拠を可能にします。

 

IARシステムズ Embedded Development Tools ジェネラルマネージャのAnders Holmbergは次のように述べています。「Linuxビルドツールの最新バージョンは我々の顧客が彼らのテストおよびビルドプロセスをより効率的にし、全ての場面において高いコード品質を達成することを可能にします。IAR Embedded WorkbenchおよびIAR Build Toolは、更なる効率的なワークフローのために、性能と使い易さの両面において進歩しています。我々の広範な製品オファーは、企業が我々のツールによって標準化したり、フレキシブルなワークフローを向上させたり、組織の中の異なったチーム間における生産性やコラボレーションを強化することを可能にします。」

 

Linuxビルドツールには高度な最適化のためのIAR C/C++ Compiler™, IARアセンブラ, リンカおよびライブラリツールと、IARBuildおよびランタイムライブラリが含まれます。 また、このツールは統合された静的コード解析ツールのC-STATに対応しています。IAR C/C++ CompilerにはC18 (ISO/IEC 9899:2018)プログラミング言語および全てのC++17仕様がフリースタンディング実装されています。更にC++14 (ISO/IEC 14882:2015), C11 (ISO/IEC 9899:2012), C89 (ANSI X3.159-1989)および浮動小数点演算のためのIEEE 754規格にも対応しています。

Linuxビルドツールについて更に知りたい方は、IARシステムズの提供するテクニカルウェビナーに参加下さい。詳細はウェブサイトにてお知らせしております。

Linuxビルドツールの製品情報はウェブサイトをご確認くださいwww.iar.com/jp/bx

 

IARシステムズについて

IAR システムズは、組込み開発者および世界中の企業が今日必要な製品を開発し明日のイノベーションを創出するための、実証されたソフトウェアツールとサービスを提供します。1983年の創業以来、IARシステムズのソリューションは100万例を超える組込みアプリケーション開発において、その品質、信頼性および効率性が実証されてきました。スウェーデンのウプサラに本社を置き、営業とサポートオフィスを世界中に展開しています。IAR Systems Group ABはNASDAQ OMXストックホルムMid Cap.に上場しています。詳細情報につきましてはwww.iar.com/jpをご覧ください。

 

本リリース内容についてのお問合せ

IARシステムズ株式会社
マーケティング部
古江勝利
Tel: 03-5298-4800
E-mail:Katsutoshi.Furue@iar.com

© IAR Systems 1995-2020 - All rights reserved.

当ウェブサイトではユーザ利便性向上のためにCookieを利用しています。サイトの閲覧を継続するためにはCookieの使用について承諾する必要があります。 Cookies