2020/11/16 IARシステムズがルネサスRXファミリ向けにLinuxベースの効率的なビルドおよびテスト環境を提供

本リリース文はIAR Systems ABから発表された英文の抄訳です。

IARシステムズがルネサスRXファミリ向けにLinuxベースの効率的なビルドおよびテスト環境を提供

 

IAR Build Tools for Linuxが、既に対応済みのArmおよびルネサスRH850ファミリに加えてルネサスRXファミリにも対応開始

 

2020年11月16日 – IARシステムズ株式会社(本社:スウェーデン・ウプサラ市、日本法人:東京都千代田区、代表取締役 上村清史)は、自動化されたアプリケーションのビルドおよびテストプロセスをLinuxベースのフレームワークで実装できるビルドツールにルネサスの32ビットマイコンRXファミリを追加対応したことを発表しました。この追加対応によってIARシステムズの柔軟な自動化されたフレームワークが更に拡張されました。

現代の産業アプリケーションは以前に比べて、よりスマートで、より機能豊富で、より複雑になっています。このことは、ソフトウェア開発環境をスケーラブルでフレキシブルにする必要性を後押しします。今日の開発の実践は、組織が開発からビルドおよびテストまで全てにおいて品質を確保するための自動化されたプロセスを要求します。IAR Build Tool for Linuxはこれらのプロセスを簡素化し、ライセンスとサーバを最適な方法で管理および活用するのと同様に、開発者が担当するプロジェクトに費やす時間について、組織がリソースを最適化することを可能にします。

このツールはCmakeやNinjaといった異なったビルドシステムに容易に統合することが可能で、コマンドラインビルドユーティリティのIARBuildはJenkinsやBambooのような継続的インテグレーション(CI)エンジンに容易に統合してビルド作業を簡素化することが可能です。また、統合された静的解析ツールC-STATによって、開発者は開発からテストプロセスまでを通してコード品質を確保することができます。C-STATは業界標準規格であるMISRA C:2012, MISRA C++:2008およびMISRA C:2004、更にCERT CやCommon Weakness Enumeration (CWE)によって定義された欠陥、バグおよびセキュリティ脆弱性を検出します。

ルネサス エレクトロニクスIoTプラットフォーム事業部、Vice PresidentのDaryl Khooは次のように述べています。「ルネサスのRXファミリは小規模から大規模なアプリケーションまで幅広く利用されており、我々はこうした多様なお客様に最高の開発プロセスを提供することを目指しています。IARは開発プロセス全体を通して、強力でスケーラブルなソリューションを提供しており、今回のLinux対応のIARのツールにより、我々のお客様がより効率的に設計・テストできるようになります。」

IAR Build Tool for Linuxは高度に最適化されたIAR C/C++コンパイラ、IARアセンブラ、リンカおよびライブラリツール、IARBuildとランタイムライブラリが含まれています。IAR C/C++コンパイラにはC18 (ISO/IEC 9899:2018)プログラミング言語および全てのC++17仕様がフリースタンディング実装されています。更にC++14 (ISO/IEC 14882:2015), C11 (ISO/IEC 9899:2012), C89 (ANSI X3.159-1989)および浮動小数点演算のためのIEEE 754規格にも対応しています。ビルドツールについての詳細はhttps://www.iar.com/jp/bxを参照ください。

4,000品種を超えるルネサスのデバイス対応した、完全統合されたC/C++コンパイラおよびデバッガツールチェーンであるIAR Embedded Workbenchと、その異なるニーズに向けた統合ツールの広い選択肢は、広範なルネサス製品ポートフォリオを利用する組込み開発者向けに、比類のないデザイン柔軟性を提供します。詳細についてはhttps://www.iar.com/jp/iar-embedded-workbench/partners/renesas/ を参照下さい。

 

### Ends

 

Editor's Note: IAR Systems, IAR Embedded Workbench, Embedded Trust, C-Trust, IAR Connect, C-SPY, C-RUN, C-STAT, IAR Visual State, IAR KickStart Kit, I-jet, I-jet Trace, I-scope, IAR Academy, IAR, and the logotype of IAR Systems are trademarks or registered trademarks owned by IAR Systems AB. All other product names are trademarks of their respective owners.

 

IARシステムズについて

IAR システムズは、組込み開発者および世界中の企業が今日必要な製品を開発し明日のイノベーションを創出するための、実証されたソフトウェアツールとサービスを提供します。1983年の創業以来、IARシステムズのソリューションは100万例を超える組込みアプリケーション開発において、その品質、信頼性および効率性が実証されてきました。スウェーデンのウプサラに本社を置き、営業とサポートオフィスを世界中に展開しています。IAR Systems Group ABはNASDAQ OMXストックホルムMid Cap.に上場しています。詳細情報につきましてはwww.iar.com/jpをご覧ください。

 

本リリース内容についてのお問合せ

IARシステムズ株式会社
マーケティング部
古江勝利
Tel: 03-5298-4800
E-mail:Katsutoshi.Furue@iar.com

© IAR Systems 1995-2020 - All rights reserved.

当ウェブサイトではユーザ利便性向上のためにCookieを利用しています。サイトの閲覧を継続するためにはCookieの使用について承諾する必要があります。 Cookies