2014/06/17 ルネサスエレクトロニクス社R-IN32M3 開発プラットフォームを強化

IAR システムズ ルネサスエレクトロニクス社
R-IN32M3 開発プラットフォームを強化

IAR システムズの評価キットと、ルネサスエレクトロニクス社の産業イーサネット通信用LSI R-IN32M3の新たな開発プラットフォームにより、産業イーサネットの評価や初期導入が容易になります。

IAR システムズ(本社:スウェーデン・ウプサラ市、日本法人:東京都千代田区、代表取締役:上村清史、以下IAR)はARM®用開発ツールのリーディングカンパニーです。このたび「IAR R-IN32M3 用評価キット」が、先進的なソリューションを提供するルネサスエレクトロニクス社の産業イーサネット通信用 LSI R-IN32M3 の開発プラットフォームの提供を実現しました。

R-IN32M3 は産業イーサネット通信用にデザインされたLSI です。EtherCAT®, EtherNet/IP®, PROFINET®, CANopen®等といった複数のプロトコル・スタックをワンチップでサポートすることができ、装置のコスト削減を可能にします。また、最適化されたハードウェアアクセラレータにより産業用イーサネット通信のパフォーマンスの著しい向上を実現します。そのためR-IN32M3 はゲートウェイ、I/O コントローラ、PLC/PAC、組込コントローラ、産業ドライブ等の産業機器のネットワーク化に活用できます。R-IN32M3 のフレキシビリティによって、一つのシステムデザイン上で多様な産業ネットワーク通信用のアプリケーション開発を実現することが可能です。

 R-IN32M3 評価や開発を容易にするために、IAR システムズはIAR Embedded Workbench® for ARM(以下、EWARM)を含むIAR R-IN32M3 用評価キット を発売しました。EWARM はユーザフレンドリな統合開発環境にC/C++コンパイラおよびC-SPY®デバッガを含む高性能な開発ツールチェーンです。IAR RIN32M3 用評価キットには、EWARM 評価版のほか、R-IN32M3 評価ボード、I-jet Lite エミュレータ が同梱されています。本評価キット上で動作可能な各種プロトコル・スタックのサンプルがルネサスのRIN32M3 製品情報Web サイトより、本日から無償でダウンロード可能です。これにより、ユーザーは簡単に各種プロトコルの通信環境を確立できます。

IAR 評価キットとルネサスエレクトロニクス社開発プラットフォームについての
詳細はこちら:www.iar.com/renesas/r-in32m3_jp

© IAR Systems 1995-2016 - All rights reserved.