2016/11/30 RZ/T1スタートアップセミナー IARシステムズ編(東京)

RZ/T1スタートアップセミナー IARシステムズ編(東京)

2016年11月30日(水)開催

ルネサスエレクトロニクス社の組込みマイコンRZ/T1ファミリをターゲットとする、ソフトウェア開発エンジニアに、ARMマイコン向け統合開発環境の世界的リーディングツールである「IAR Embedded Workbench for ARM」での開発手法やキーポイントを理解していただける無料セミナーです。詳しくは下記をご覧の上お申し込み下さい。IARシステムズはルネサスエレクトロニクスの全てのマイコンファミリに対して高性能な開発環境を提供している唯一のツールメーカーです。

 

セミナー内容(ルネサスエレクトロニクスのWebサイトより)

RZ/T1は、リアルタイム制御向けCPU ARM®Cortex®-R4Fを採用し、最大600MHzでの高速動作が可能です。またキャッシュメモリのミスヒットによる実行時間のばらつきを解消するため、高速かつ大容量の密結合メモリ(TCM)を搭載し、従来の高速プロセッサでは得られない高いリアルタイム応答性を実現しました。
IAR Embedded Workbench for ARM®は、RZ/T1に内蔵されたCortex®-R4FとR-INエンジンの両方のCPUコアに対応した開発環境です。本セミナーでは、RZ/T1の評価や開発を進めていく第一歩として、これまでワンチップ・マイコンの開発をされていた方の多くが戸惑うポイント(キャッシュ・TCM・デュアルコアなど)を解説いたします。また実際にRZ/T1を搭載した評価ボードと統合開発環境 『IAR Embedded Workbench for ARM』 を動かすことで、わかりやすく学習することができます。

 

内容 

(1)新ファミリ「RZ/T1」

  • RZ/Tシリーズのコンセプト / 周辺モジュール概要についてご紹介します。

(2)まずRZ/T1を動作

  • サンプルのダウンロード、メイクとプロジェクトオプション、EWARMの基本的デバッグ作業、エディタの使い方を説明します。

(3)RZ/T1のポイント解説

  • 命令セット、TCM、キャッシュとは何か? 基本的な知識を説明します。

(4)フラッシュからのブート

  • シリアルフラッシュブートの動きを解説し、実際に動かします。

(5)周辺プログラミング

  • 周辺アクセス用ヘッダファイル / 割込み / AP4を用いた周辺プログラミングを体験します。

(6)デバッグ

  • デュアルコアデバッグ、ETM/ETBトレースについて説明し、実際にデバッグを実施します。

(7)質疑

 

RZ/T1スタートアップセミナー IARシステムズ編

日程:2016年11月30日(水) 13:00 - 17:30

会場:豊洲フォレシア

参加費:無料

申込み:ルネサスエレクトロニクス製品紹介セミナーWebサイト

© IAR Systems 1995-2016 - All rights reserved.