2017/3/9-10 オートモーティブ・ソフトウェア・フロンティア2017

機能安全対応ツール導入の理由は、ソフトウェア開発とツール認定プロセスにあった

組込みシステム向け統合開発環境を始めとする、高性能ツールチェーンのグローバルリーダーであるIARシステムズはオートモーティブ分野におけるポジションも拡大しています。

高信頼性を実現する自社開発のコンパイラをベースにした機能安全パッケージの提供など、お客様と市場の要求に応えるソリューションの数々をプレゼンテーションします。ぜひIARシステムズのセッションにお越し下さい。

 

日時:3月10日(金)14:25 - 14:55 ※2日目のみの講演となります。

 

講演番号:A5-2

会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

受講料: 無料 事前登録制

講演概要:

近年、車載および産業分野で急速に要求の高まっている機能安全(Functional Safety)対応実現のためには、C/C++コンパイラの選定も重要な要素となっています。本セッションでは、ソフトウェア開発およびツール認定プロセスにおける課題とその解決策を、統合開発環境メーカの視点から提案致します。

講演者:IARシステムズ 営業部 松田直樹

事前登録は こちら

© IAR Systems 1995-2017 - All rights reserved.