RISC-Vを次のステージへ牽引する

IAR Embedded Workbench for RISC-Vは

RISC-V向け開発ツール

セキュリティ開発ツール – C-Trust

C-Trust

あなたのアプリケーションを保護し、安全で暗号化されたコードを提供します

C-Trust

C-Trustは開発ツールチェーンIAR Embedded Workbenchの拡張機能で、アプリケーション開発者が安全で暗号化されたコードの配布を可能にします。開発チームは、所属する組織で定められたセキュリティ構成プロファイルを全く妥協することなく容易にインポートできます。適切なセキュリティおよび暗号化の設定が自動的に行われるため、開発者はアプリケーションの機能を最大化する作業に集中することができます。

IAR Embedded Workbenchを使用して通常どおりにアプリケーションコードをビルドおよびデバッグした後、そのコードはAdvanced Encryption Standard(AES)を使用して自動的に習得および暗号化されます。MCUにプログラムされると、アプリケーションはセキュア・ブート・マネジャによって検証されたセキュアコードで更新されます。

IAR Embedded Workbenchにセキュリティ機能を追加

C-Trustを使用することで、Embedded Trustによって生成もしくは事前に定義されたセキュリティコンテキストプロファイルを使用して、セキュリティコンテキストに基づくセキュアマスタリングが可能になり、あなたのIAR Embedded Workbenchの機能が拡張されます。フルセキュリティ環境の縮小版バージョンを利用することで、2つのことが得られます:

  1. アプリケーションのセキュリティにアクセスおよび制御できる人数を最小限に抑えることで、セキュリティを強化できます。
  2. アプリケーション開発者は、クリーンなコード作成や機能の差別化といった自身の作業にのみ集中できます。

最適なツールを使うことで、あなたはアプリケーションを信頼することが出来、未来のための開発を行うことが可能になります。

セキュリティコンテキスト

セキュアなアプリケーションの開発を始めるために、事前定義されたセキュリティコンテキストプロファイルを多数提供しています。セキュリティコンテキストは、信頼された実行環境の構成を定義します。これは、アプリケーションを保護するために必要なセキュリティ環境の説明です。事前定義されたセキュリティコンテキストプロファイルのプロパティは次のとおりです。

  • 暗号鍵と証明書
  • セキュアブート構成
    • デバイスセキュリティ
    • アプリケーション更新プロセス
    • 更新ポリシー
    • デバイスメモリレイアウト

詳しく見る

あなたのセキュリティへの一番の懸念事項は?

弊社の顧客へアンケートを行った結果、
一番の懸念事項は 「IP保護」 という回答が26%に上りました。


© IAR Systems 1995-2018 - All rights reserved.

当ウェブサイトではユーザ利便性向上のためにCookieを利用しています。サイトの閲覧を継続するためにはCookieの使用について承諾する必要があります。 Cookies