IAR Visual State / ステートマシン設計ツール

IAR Visual State(ビジュアル・ステート)はステートマシンをベースとした、デザイン、テストおよび組込みアプリケーションの実装を簡素化するツールセットです

 

このツールは、ハイレベルなレイヤでの設計、複雑な構造のアプリケーションの設計および詳細なファンクションを段階的に追加する設計によるソフトウェア設計を可能にします。IAR Visual Stateは統合開発環境「IAR Embedded Workbench」に統合されておりますが、強力なスタンドアロンツールとしても利用できます。

 

  • 統一モデリング言語(UML = Unified Modeling Language)ステートマシンのサブセットをベースとする、グラフィカルなステートマシン設計を実現
  • 設計データに完全準拠した、非常に小さなサイズのC/C++コードを自動コード生成
  • 設計モデリングの形式的検証(Formal Verification)によって、デッドエンドや到達不能なステートパターンといった、不必要に実装された設計コンポーネントを発見
  • 時にはハードウェアが存在しない段階のような設計の初期段階で、アプリケーションが所望の振る舞いをするかどうかを、テストおよび検証

最新バージョンリリースノート

8.1 What's the main updates?

Support for variants
Ability to model and build different variants from the same Visual State model to more easily handle different design variations for features depending on things like geographical region, feature differentiation etc.

Hierarchical Coder
Hierarchical Coder (HCoder) added. The Hierarchical Coder can improve the code size and speed efficiency for some models by better utilizing the hierarchical information in the models. The HCoder does not replace the current classic code generator, but is a complement.

Improved MISRA C/C++ compliance
The MISRA C:2012 compliance of the generated code has been improved.

64-bit applications
The Visual State applications are now 64-bit applications. This will increase the Verificators ability to handle larger models.

Updated user documentation 

Full release notes

7.5 What's the main updates?

Context sensitive help

Context sensitive help in the product is available. Press F1 to get information about the window that you are currently in.

Improved MISRA C/C++ compliance

  • The generated output files from the Coder have been improved.
  • Unsigned constants now correctly use the 'U' suffix.
  • Include guards in the generated files no longer use reserved identifiers.
  • Conditions in if and for statements are Boolean.
  • The ++ operator is not mixed with other operators in expressions.
  • No assignments are performed in subexpressions.
  • Typedef names are not reused.
  • The old style support for getting the signature at runtime using macros can now be replaced with using VSGetSignature.
  • A new option, 'Maximum MISRA compliance', has been added in the project part. 

Easier to switch between the different Coder APIs 

  • The Coder can now generate a VSDeduct function. 
  • The Coder can now generate VSElementName and VSElementExpl functions.
  • The Coder can now generate VSInitAll function.

New support for getting the signature 

The Coder can now generate a VSGetSignature function.

Reduce compilation time

The Coder now only generates files on the disk if it detects that the contents need to be changed. Otherwise, the file is not updated. You might need to manually change the Coder option for generating GUID guards by changing -generateguidguards1 to -generateguidguards0, and to change the Coder option for generating time and version in the files from -generatetimeandversion1 to -generatetimeandversion0 in the .vtg file.

Updated user documentation

The IAR Visual State User Guide has been updated.

Full release notes

無償評価版ダウンロード

先ずはお試し下さい。統合されたパワフルなステートマシン設計、実装およびテスト環境を提供します。生産性と利便性の向上をお試し下さい。

Download Software

(Version 8.1,
126.64 MB)

この評価版はIAR Visual Stateのフル機能版です。ツールには、Designer, Varidator, Verificator, Code Generator, Document Generatorおよびプロジェクトマネージャーが含まれます。更に、完全なユーザガイドがPDF形式で同梱されています。

 

【評価版制約事項】

評価版は最新のフル機能版IAR Visual Stateと同等の仕様ですが、下記の制限事項があります。

  • 使用期間制約なし、最大30までのステートデザイン

       または

  • 30日の使用期間制限、無制限のステートデザイン数

 

評価版はIAR Visual State自体をテストおよび評価目的で利用されるお客様を想定しています。実際にお客様が設計される如何なる製品への利用、または商用目的での利用はお断りしております。

Webinar情報

IAR Visual Stateを体験しよう!

経験豊富なフィールド・アプリケーション・エンジニア(FAE)によるウェブセミナーは如何ですか?グラフィカル・ステートマシンの設計ツールの使い方にフォーカスした内容でお届けします。

© IAR Systems 1995-2017 - All rights reserved.