Team Foundation Server (TFS) への接続

テクニカル・ノート 87817

アーキテクチャ:

All

コンポーネント:

ewgui

更新日:

2020/05/22 10:24

はじめに

IAR Embedded Workbenchから、「MS SCCIプロバイダ」を使用してMicrosoft Team Foundation Server (TFS)に接続しようとすると、以下の現象が発生します。

  • 数秒が経過
  • "server busy"エラーが表示される

解決方法 -- APIとしてSubversion (SVN)を使用する

TFSには、SCCだけでなく、Subversionブリッジ(例: SvnBridge)を使用しても通信できます。

非推奨の解決方法 - SCCを引き続き使用する

バージョン8以降のIAR Embedded Workbenchの共有コンポーネントは、SCCの統合に対応していません。

2017年6月現在、IAR Embedded Workbench for ARM、AVR、MSP430、STM8にこの新しいプラットフォームが導入されており、今後、さらに増える予定です。

Windowsのレジストリに、新しいキーを追加します。

64ビット版Windowsの場合、以下のキーを追加します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Team Foundation Server MSSCCI Provider\Settings\IAR Embedded Workbench IDE\IarIdePm.exe

32ビット版Windowsの場合、以下のキーを追加します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Team Foundation Server MSSCCI Provider\Settings\IAR Embedded Workbench IDE\IarIdePm.exe

このキーに対し、32ビット値の"issues"を追加します(二重引用符は記述しません)。

issues=dword:00000001

 

全ての製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

申し訳ございませんが、弊社サイトではInternet Explorerをサポートしていません。サイトをより快適にご利用いただくために、Chrome、Edge、Firefoxなどの最新ブラウザをお使いいただきますようお願いいたします。