コピープロテクションと古いバージョンでのコマンドライン・コンパイル

テクニカル・ノート 26271

アーキテクチャ:

All

コンポーネント:

lms

更新日:

2018/08/08 8:18

はじめに

コマンドラインからコンパイルしようとすると、コピー保護エラーが発生します。IAR Embedded Workbench IDEでコンパイルする場合は、そういったエラーは発生しません。

本テクニカルノートは、ライセンス管理システムバージョン1(LMS1)を使用するIAR Embedded Workbenchのうち、以下に示す特定のバージョンにのみ当てはまります。

本テクニカルノートは、以下のバージョンに適用されます。

製品:
M16C
X96
740
SH
H8
6812
COP8
78000
V850
SAM8
430
Z80

バージョン:
1.32A to 1.36A
6.00 to 6.02
2.12 to 2.17
1.12
1.52D to 1.53
2.43 to 2.44
1.20 to 1.31
3.32 to 3.34
2.11
1.50B to 1.52
1.23 to 1.26
4.06

製品:
AVR
PIC
7700
H8300
6811
6816
CR16
78400
65K
MK5
6502
EZ80

バージョン:
2.25 to 2.28
2.12 to 2.21
1.33 to 1.34
4.20 to 4.21
4.46
2.11
1.42 to 1.43
1.31 to 1.33
2.10 to 2.11
1.21 to 1.25
2.13
1.15

製品:
8051

バージョン:
5.51 to 5.52

背景

パスに複雑な名前が含まれていると、コンパイルに失敗します(IAR Embedded Workbench IDEでコンパイルする場合、IDEによってこの状況が適切に処理されるため、IDEでコンパイルする場合はこのエラーは発生しません)。

解決方法

コマンドラインでシンプルなパスを使用してください。また、何かを参照する際は常にシンプルなパスを使用してください。シンプルなパスとは、以下の条件を満たすものをいいます。

  • ディレクトリ名は8文字以内にしてください。
  • ディレクトリ名では、A~Z、a~z、0~1のみ使うようにしてください。
  • ディレクトリ名では、スペースなどの空白文字を使用しないでください。
  • シンプルなパスの例:
    C:\IAR\M16C\exe\ICCM16c.exe

 

全ての製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

申し訳ございませんが、弊社サイトではInternet Explorerをサポートしていません。サイトをより快適にご利用いただくために、Chrome、Edge、Firefoxなどの最新ブラウザをお使いいただきますようお願いいたします。