ライセンス要求の通信ポートを開く

テクニカル・ノート 29096

アーキテクチャ:

All

コンポーネント:

lms

更新日:

2019/12/05 3:40

はじめに

本テクニカルノートでは、ライセンスリクエスト用の通信ポートを手動で正しく開くための推奨方法について説明します。

解説

通信には、以下の各機器のUDP(ユーザデータグラムプロトコル)ポート5093が開いている必要があります。

  • IAR License Serverが実行されているサーバー
  • クライアントPC
  • ネットワークのサブネット間にあるルータ/ブリッジ

UDPポート5093をどのように開くかは、コンピュータにどのOSがインストールされているかにより異なります。また、ルータ/ブリッジを管理するアプリケーションによっても異なります。

なお、上記のハードウェアのいくつかは、変更を反映させるために再起動が必要な場合があります。例えば、ライセンスサーバのコンピュータは、通常、再起動が必要です。

まとめ

クライアント、サーバ、およびサブネット間で、UDPポート5093が開いていなければなりません。問題が解決しない場合は、IAR Systemsのサポートにお問い合わせください。

なお、PINGを使用してクライアントとサーバ間の通信をテストすることはできません。その理由は、PINGがICMPを使用して通信するためです。

全ての製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

申し訳ございませんが、弊社サイトではInternet Explorerをサポートしていません。サイトをより快適にご利用いただくために、Chrome、Edge、Firefoxなどの最新ブラウザをお使いいただきますようお願いいたします。