ライセンスサーバー バージョン 1 で突然最大ユーザ数が減る

テクニカル・ノート 26936

アーキテクチャ:

All

コンポーネント:

lms

更新日:

2018/09/04 7:38

はじめに

ライセンスサーバの最大ライセンス数/ユーザ数が突然減少する。なお、この現象はライセンス管理システムバージョン1(LMS1)だけで発生します。

背景

LMS1ライセンスサーバでは、望ましくない現象が発生します。この現象は、以下の場合に発生します。

  • ユーザがIAR Embedded Workbenchの「LMS1」をインストールし、クライアントコンピュータを更新する。ライセンス番号とライセンスキーを入力するよう求められる(注: インストールを行うたびに、ライセンス番号とライセンスキーがクライアントコンピュータに保存されます。これらは将来のインストールで使用されます)。
  • ネットワークライセンスの場合、クライアントコンピュータからライセンスサーバコンピュータに問い合わせが行われる。
  • (クライアントコンピュータで入力された)ライセンスキーが、(ライセンスサーバコンピュータ上にある)現在使用されているネットワークライセンスキーと一致しない場合、ライセンスサーバアプリケーションによって、そのキーは新しいネットワークライセンスキーとみなされる。
  • そして、新しいライセンスキーがライセンスサーバによって使用されるようになる。
  • このとき、新しいライセンスキーで設定されているユーザ数が、それまで使用されていたライセンスキーで設定されているユーザ数よりも少ない場合がある。
  • 結果、ライセンスサーバの最大ライセンス数/ユーザ数が減少することになる。

解決方法

最初のアクション - 正しいライセンス数/ユーザ数を取得する

  • ライセンスサーバコンピュータで、バージョン1.xxのIAR License Managerを開きます。
  • ライセンス(License) > インストール(Install...)を選択します。
  • ライセンスキー(License Key)のテキストフィールドに、正しいユーザ数/ライセンス数が設定されたライセンスキーを貼り付けます。
  • インストール(Install)ボタンをクリックします。
  • IAR License Managerを閉じます。
  • これにより、(以前に保存したライセンスキーを使用するなどして)クライアントコンピュータによってこの現象が再度引き起こされるまで、正しい数のライセンスが追加されます。

再発防止アクション:

(今後長期にわたって)この現象が再発するのを防ぐため、以下のアクションを実行してください。

  • サーバコンピュータで、lservrcというファイルを書き込み禁止にします。このプレインテキストのファイルには、ネットワークライセンスキーが格納されています。このファイルは、IAR License Serverがインストールされているディレクトリに保存されています(多くの場合、このディレクトリはMicrosoft WindowsのUAC(ユーザアカウント制御)によって保護されています)。
  • 全てのユーザに注意点を通知します。すなわち、IAR Embedded Workbenchをインストールする際に、「より古く、より少ない」ネットワークライセンスキーを必ず削除し、しかるべきテキストボックスに「現在の、より多い」ネットワークライセンスキーを貼り付けるよう通知します。

コメント

ここで説明した内容は、あくまで望ましくない現象が発生した場合の回避策に過ぎません。ライセンス管理システムバージョン2(LMS2)ではこの問題は存在しません。

 

全ての製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

申し訳ございませんが、弊社サイトではInternet Explorerをサポートしていません。サイトをより快適にご利用いただくために、Chrome、Edge、Firefoxなどの最新ブラウザをお使いいただきますようお願いいたします。