完全なセキュリティ

Embedded Trust が今ここに!

定義
作製
プログラム
保証
配布

探す

Make the world a better place challenge

A design contest for a better world

ユビキタス・コミュニケーションから安全な移動手段およびヘルスケアまで、電化されたシステムは世界中の人々の生活水準を向上させてきました。組込みデザイナやデベロッパは、それらシステムの実現をけん引してきた功労者です。

「Better Place Challenge design contest」のゴールはシンプルにひとつだけ ー 我々の世界をより良いものにする「何か」を組込みエンジニアのコミュニティから生み出すこと。この非常に漠然とした尺度に対して、エンジニア達は様々な方法で応えました。主となる評価基準はルネサスエレクトロニクスのRZマイクロプロセッサによって動作するデザインであることと、ソフトウェアのファインチューニングに統合開発環境IAR Embedded Workbenchを使用することです。このコンテストはIARシステムズ、ルネサスエレクトロニクスおよびEmbedded Computing Design社の3社によって協賛され、上位3人にはそれぞれ$6,000、$3,000、$1,500ドルが賞金として授与されました。

優勝したのは 皮膚癌検出器 のデザイナでした。このデバイスは人工知能 (AI) と機械学習 (ML) を使用することによってメラノーマ (黒色腫) にような皮膚癌を初期段階で発見し、生存率を向上させます。このプラットフォームは癌組織を検出するためにTensorFlowで事前学習された畳み込みニューラルネットワーク (CNN) が、Renesas RZ/A1 Stream-it! development kit上で動作するものです。

第2位は リアルタイム水質モニタリングシステム が受賞しました。こちらも同様に人工知能と機械学習を使用し、有害微生物およびバクテリアを検出することによって汚染水の消費を最小化しました。このシステムはCIFAR-10ベースによるバクテリア検出のトレーニングを受け、8ビット量子化された畳み込みニューラルネットワークがRZ/A Stream-it! development kit上で動作します。RZ/AソフトウェアパッケージにポーティングされたArm CMSIS-NNソフトウェアライブラリによってニューラルネットワークがメモリ上で動作します。

上位入賞に劣らす印象的だった第3位は 盲者のための環境ナレーター が受賞しました。このデザインは視覚障害者に対してその周囲の物理的な環境を描写することによって、危険物となりえる(ストーブのような)物体や躓く危険を避けることによって助けることができるといったものです。システムは光センサからのTime-of-FlightデータをI2Cインタフェース経由でルネサスRZ/A MPUに送信することによって動作します。そこからRZ/Aプロセッサは物体の大きさと形状を計算し、その結果に基づいて音声データとして対象者に伝えられます。

コンテスト詳細については betterplacechallenge.com を参照して下さい。

ファイナリスト:

  1. 皮膚癌検出器

  2. 機械学習によるリアルタイム水質モニタリングシステム

  3. 盲者のための環境ナレーター

 

© IAR Systems 1995-2018 - All rights reserved.

We use cookies on this website to provide you with a better experience. You need to accept cookies to continue using this site. Cookies