完全なセキュリティ

Embedded Trust が今ここに!

定義
作製
プログラム
保証
配布

探す

C-STATチェック項目をソースコード中で制御する

Technical Note 181217J

Targets:
All

Component:
Compiler

Updated:
1/21/2019 8:21 AM

はじめに

このテクニカルノートでは、ソースコード中でC-STATチェック項目を制御する方法について説明します。

 

解説

C-STATのチェック項目は、以下のpragmaで制御することができます。

#pragma cstat_disable="tag"[,"tag"...]

指定された各項目(tag)のチェックを、コンパイル単位の終了まで、または、cstat_restoreまで禁止します。

 

#pragma cstat_enable="tag"[,"tag"...]

指定された各項目(tag)のチェックを、コンパイル単位の終了まで、または、cstat_restoreまで有効にします。

 

#pragma cstat_restore="tag"[,"tag"...]

cstat_enable, cstat_disableで設定された各項目(tag)の設定を元に戻します。

 

#pragma cstat_suppress="tag"[,"tag"...]

指定された各項目(tag)のチェックを、コンパイル単位の終了まで禁止します。

 

使用例: 

#pragma cstat_disable = "MISRAC2012-Rule-9.2", "MISRAC2012-Rule-10.3"
#pragma cstat_restore = "MISRAC2012-Rule-10.3"

 

まとめ

詳細は、IAR Embedded Workbenchの画面右上の

ヘルプメニュー > C-STAT Static Analysis Guide

C-STAT for static analysis

  Descriptions of compiler extensions for C-STAT

をご参照ください。

 

全ての製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です

 

© IAR Systems 1995-2018 - All rights reserved.

We use cookies on this website to provide you with a better experience. You need to accept cookies to continue using this site. Cookies