リセットするとRAM上に配置した関数のブレークポイントが消去される

Technical Note 180510J

Targets:
All

Component:
Debugger

Updated:
5/28/2018 9:10 AM

はじめに

このテクニカルノートでは、リセットによってRAM上に配置したブレークポイントが消去されることについて、要因と対策を示します。

 

解説

RAM関数にソフトブレークポイントを置いてリセットすると、RAM関数を作成する時にソフトブレークポイントがクリアされます。これらのブレークポイントを自動で再設定するためには、プロジェクトメニュー > オプション > J-Link (または他のICE) > ブレークポイントタブを開き、ソフトウェアブレークポイント復元位置にチェックを入れます。その下にあるテキストボックスに復元動作をさせる場所を指定できますが、通常はmainのままで問題ありません。

 

まとめ

RAM上に配置したブレークポイントをリセット後に自動で再設定するためには、

プロジェクトオプション設定でソフトウェアブレークポイント復元位置にチェックをつけて、場所を指定します。

 

全ての製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です

© IAR Systems 1995-2018 - All rights reserved.

We use cookies on this website to provide you with a better experience. You need to accept cookies to continue using this site. Cookies