完全なセキュリティ

Embedded Trust が今ここに!

定義
作製
プログラム
保証
配布

探す

デバッガ画面上にprintf出力を表示する

Technical Note 181203J

Targets:
All

Component:
Debugger

Updated:
12/18/2018 5:43 AM

はじめに

このテクニカルノートは、デバッガのターミナル画面にプログラムからprintf出力を行う方法について説明します。

解説

EWARMにてデバッガを起動して「表示」メニュー内「ターミナルI/O」を選択すると、出力ウィンドウが開きます。ソースコード内で、例えばprintf関数を使用すると上記ウィンドウ内に文字列が出力されます。

なお、上記文字列表示のため、低レベルインタフェースのライブラリ実装(※)を次のように選択する必要があります。

-       セミホスティング + stdout/stderrに「SWO経由」を選択する場合:
デバッガ起動時に現れる「I-jet/JTAGjet」メニュー内「SWO設定」にて、「CPUクロック」を実際のデバイスの動作周波数に設定してください。

-       セミホスティング + stdout/stderrに「セミホスティング経由」を選択する場合:
他の設定は特に必要ありません。

※「プロジェクト」メニュー内「オプション」> 一般オプション > ライブラリ設定

まとめ

「ターミナルI/O」ウィンドウにてprintf出力が可能です。併せて、printfの出力をUART経由に変更する方法についてテクニカルノート181209Jを参照ください。

 

全ての製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です

© IAR Systems 1995-2018 - All rights reserved.

We use cookies on this website to provide you with a better experience. You need to accept cookies to continue using this site. Cookies