完全なセキュリティ

Embedded Trust が今ここに!

定義
作製
プログラム
保証
配布

探す

printfの出力をUART経由に変更する

Technical Note 181209J

Targets:
All

Component:
Debugger

Updated:
1/15/2019 6:59 AM

はじめに

このテクニカルノートでは、printfの出力をUART経由に変更する方法について説明します。

解説

printf()出力、およびscanf()入力は、デフォルトではEmbedded Workbench for Arm C-SPYデバッガにある「ターミナルI/O」ウィンドウへの入出力となりますが、お客様のコードにて

int fputc(int ch, FILE *f)

int fgetc(FILE *f)

を実装いただくと、こちらが優先されオーバライドされるため、「ターミナルI/O」ウィンドウの代わりにUARTなどへ変更することができます。

弊社評価キット用のサンプルとして下記プロジェクトがあり、main.cにてfputc / fgetcを定義しRS-232Cに出力している例がございますので、ご参考としてください。

 

EWARMインフォメーションセンタ内、ST > STM32F0xxx > IAR-STM32F051R8-SK > Distance measure

 

まとめ

ソースコード例についてはTechnical Note 83040を参照ください。

FAQ作成対象製品:Embedded Workbench for Arm  バージョン:7.20.5

 

全ての製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です

© IAR Systems 1995-2018 - All rights reserved.

We use cookies on this website to provide you with a better experience. You need to accept cookies to continue using this site. Cookies