ターゲット実行状態で、変数の値をモニタリングする

Technical Note 181218J

Targets:
ARM

Component:
Debugger

Updated:
1/21/2019 7:29 AM

はじめに

このテクニカルノートでは、ターゲット実行状態で、変数の値をモニタリングする方法について説明します。

解説

IAR Embedded Workbench for ARMでは、変数やメモリ値をブレークすることなく観測することができる、ライブウォッチ機能があります。

[ライブウォッチ]ウィンドウは、[表示]メニューから表示できます。

このウィンドウは繰り返しサンプリングを行い、アプリケーションの実行中に式の値を表示します。式の変数は、グローバル変数のように、静的に特定できる必要があります。

 

Cortex-A および Cortex-Rでライブウォッチ機能をご利用いただくには、

プロジェクトオプション > 一般オプション > デバッガ > 追加オプション > コマンドラインオプションの使用

にチェック をつけて、以下を追記してください。

--drv_mem_ap=N

--drv_mem_ap オプションについては、「C-SPY debugging guide」 をご参照ください。

 

全ての製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です

© IAR Systems 1995-2020 - All rights reserved.

当ウェブサイトではユーザ利便性向上のためにCookieを利用しています。サイトの閲覧を継続するためにはCookieの使用について承諾する必要があります。 Cookies