完全なセキュリティ

Embedded Trust が今ここに!

定義
作製
プログラム
保証
配布

探す

特定のデータへのアクセスでブレークをかける

Technical Note 181221J

Targets:
All

Component:
Debugger

Updated:
1/21/2019 9:17 AM

はじめに

IAR Embedded Workbenchではデータへのアクセスを監視してブレークをかけることが可能です。本テクニカルノートではその方法について説明いたします。

解説

アドレスを指定して、サイズ、およびアクセスタイプ(Readのみ、Writeのみ、Read/Write)を指定することで、指定したアドレスに対して、指定したアクセスがあった場合に実行にブレークがかかります。

データブレークポイントは下記の通り設定できます。

  1. [表示]メニュー→[ブレークポイント]を選択し、[ブレークポイント]ウィンドウを表示。
  2. [ブレークポイント]ウィンドウ内で右クリックし、「新規ブレークポイント」→「データ」を選択し、ブレークポイントの編集画面を表示させる。
  3. [ブレークポイントの編集]画面でブレーク位置、アクセスタイプ、サイズ等を設定する。

サイズについては、監視したいサイズを指定してください。

3バイトなどのサイズにしたい場合には、ブレークするアドレスがトリガ範囲の「要求」範囲になっているかを確認し、“拡張して要求された範囲をカバー”にチェックを入れて、「有効」範囲が「要求」範囲より大きくなっていることを確認ください。

ただ、3バイトの場合の4バイト目へのアクセスでもブレークがかかる点はご了承ください。

データブレークポイントは[メモリ]ウィンドウ内から直接設定することも可能です。

[メモリ]ウィンドウ内で、ブレークをかけたいアドレスで右クリックし、出てきたコンテキストから「データブレークポイントの設定」を選択してください。範囲にブレークポイントを設定するには、メモリの該当領域を選択して行ってください。[ブレークポイント]ウィンドウにて、追加されたデータブレークポイントを選択して右クリックし、「編集…」を選択するとブレークポイントの編集が可能です。

まとめ

データブレークポイントの設定を行うことで、指定したアドレスへのアクセスがあった場合にブレークをかけることが可能です。

 

全ての製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です

© IAR Systems 1995-2018 - All rights reserved.

We use cookies on this website to provide you with a better experience. You need to accept cookies to continue using this site. Cookies