デバッグ中の変数ウォッチでEWARMが強制終了

Technical Note 181101J

Targets:
ARM

Component:
Debugger

Updated:
11/20/2018 3:30 AM

はじめに

EWARM8.22.1および8.22.2、EWARMFS822、 EWARM8.32.1において、OSの言語設定が日本語を含めたマルチバイト文字の際に、1byte変数および配列の値を表示しようとするとIDEが停止してしまう、という問題が報告されております。

 

解説

以下の対応をお願いします。

 【EWARM8.32.1場合】

ワークアラウンド:

ウォッチウィンドウの変数を右クリックし、デフォルトから10進フォーマットに変更することで回避されます。

次バージョン以降で修正される予定です。

 

【EWARM8.22.X  EWARMFS822 の場合】

本問題に対するEWARM8.22.2用パッチが提供されております。 

8.30.Xにバージョンアップしていただくか、パッチを適用ください。

パッチを適用いただく場合は、マイページの製品アップデートより”EWARM8.22.2用 パッチ”を

ダウンロードしてください。

インストール方法:

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、パッチ(IdeFramework.dll と kernel.dll)を

インストールフォルダ (Program FilesIAR Systems Embedded Workbench等)\common\bin

に置いてください(古いdllと置き換えてください)。

※EWARMが起動していた場合、一度終了してから、上書きしてください

 

まとめ

この問題はOSの言語設定が日本語を含めたマルチバイト文字の際に発生します。

将来のリリースで修正される予定です。

 

全ての製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です

 

© IAR Systems 1995-2018 - All rights reserved.

We use cookies on this website to provide you with a better experience. You need to accept cookies to continue using this site. Cookies