フラッシュライター用のファイルを生成する

Technical Note 181202J

Targets:
All

Component:
Linker

Updated:
12/18/2018 4:30 AM

はじめに

フラッシュ/ROMライタによるフラッシュ/ROMへのプログラムを実現するためには、イメージの実際のバイトをライタが対応するフォーマットに変換する必要があります。

このテクニカルノートでは、フラッシュ/ROMライタ用のファイルを生成する方法について説明します。

解説

プロジェクトオプション内「出力コンバータ」にて、「追加出力ファイルを生成」を有効化し、下記いずれかのフォーマットを選択します。
ファイルの出力先は、プロジェクトフォルダ内の"ビルド構成名"フォルダ内EXEフォルダの中です。

.srec : Motorola Sフォーマット
.hex : Intel拡張フォーマット
.bin : バイナリフォーマット
.sim : IAR簡易フォーマット

.txt : Texas Instruments TI–TXTフォーマット

 

Motorola-S フォーマットを出力する際、出力にレコードのサブセット(すなわちS0、S3、S7 レコード)のみが含まれるように制限するためには、プロジェクトオプションのコンバータではなく、IARユーティリティ ielftool を使用して –srec-s3onlyオプションを指定してください。

ielftool については、「C/C++ 開発ガイド」をご参照ください。

まとめ

プロジェクトオプションの出力コンバータで出力ファイルを生成する方法について説明しました。

全ての製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です

© IAR Systems 1995-2018 - All rights reserved.

We use cookies on this website to provide you with a better experience. You need to accept cookies to continue using this site. Cookies