FreeRTOSデバッグプラグインを活用しよう!

【カテゴリ:デバッグのプロへの道】

FreeRTOSで複数タスクを起動している場合、ブレークポイントで停止させたときに、他のタスクがどのような状態でどの位置にいるのか簡単に調べられると便利ですよね。
実はIAR Embedded WorkbenchにはFreeRTOS用のデバッグプラグインが入っており、プロジェクトオプションの[デバッグ]>[プラグイン]でFreeRTOSにチェックを入れるだけで、タスクの状態を監視できるようになります。デバッグ開始し「FreeRTOS」メニューを開いて「タスクリスト」を表示すると、起動しているタスク名や状態を一目で確認することができます。ブレイク時にタスクを選択してダブルクリックするとタスク単位でのデバッグも可能です。コールスタックの表示やステップ実行などがタスク単位で行えるので、デバッグ効率が飛躍的に向上しますよ。

 

© IAR Systems 1995-2020 - All rights reserved.

当ウェブサイトではユーザ利便性向上のためにCookieを利用しています。サイトの閲覧を継続するためにはCookieの使用について承諾する必要があります。 Cookies