すべてはコードの品質から始まります

ほとんどの企業は、自社製品の品質と、製品を使用する顧客の体験が非常に重要であることに同意するでしょう。しかし、それと同じくらい重要であり、時にはそれ以上に重要なのが、可能な限り低コストで予定通りに製品を発売することです。これは不可能な方程式のように思われるかもしれませんが、そうではありません。コード品質に重点を置くことで、これらの目標を同時に達成することができます。では、なぜコード品質が重要なのでしょうか?実はいくつかの理由があります。

コード品質の改善に継続的に取り組むことで、欠陥が正式なビルドになる前、またデバッグに数時間または数日費やす前に、迅速に欠陥を特定することができます。さらに、優れたソフトウェアエンジニアリングの原則に従った高品質のコードは、欠陥が少ないため保守が容易で、拡張も容易になります。つまり、部品を再利用できるため、次のプロジェクトでの時間を節約できます。

コード品質を保証することのもう一つの利点は、セキュリティのベースラインを設定することです。ハッカーに悪用される可能性のあるバグがコードに含まれている場合は、それらのバグが修正され、アプリケーションが改ざんのリスクを最小限に抑えて安全な方法で更新されていることを確認する必要があります。さらに優れたアプローチは、コーディング標準に従うことで、バグが最初からアプリケーションに侵入しないようにすることです。コーディング標準に従っていることを証明できれば、アプリケーションで必要な場合には、安全認証を取得するのも簡単です。

健全なコードは将来においても有効なコードです

コードの将来の有効性について話すとき、実際には2つの側面があります。一つ目の側面は、将来のプロジェクトでコードベースを再利用できることです。興味深いことに、多くのソフトウェア見積もりモデルでは、ソフトウェアメンテナンスにおける労力のほぼ半分が、変更が必要なソフトウェアを理解することであるとされます。もちろん、コードが複雑になるほど、理解することが難しくなり、プロジェクトが大きくなるほど、すでにあるものを理解する労力を削減する時間を節約できます。

2つ目の側面は、ソフトウェアが長期の使用に耐えられるようにコードの品質を改善することです。つまり、ソフトウェアは欠陥がないか、または可能な限り欠陥がない状態に近いことを意味します。 CERT、CWE、MISRAなどのコーディング標準は、一般的な問題を回避し、隠れたバグの数を制限し、コードの可読性を高めて理解性を高め、保守性を高めるような方法でコードを記述できるように、ルールを定義しています。これらのコーディング標準に従うことで、健全で効率的なコードを取得できます。幸いなことに、コード検査を実施してこれらの標準を適用することで、その達成を支援するツールがあります。

機能安全認証には、ベストプラクティスのコーディングが必要です

コーディング標準は、ソースコードでおかしなことをしないようにすることで、コードの全体的な品質を向上させるのに役立ちます。さらに、機能安全認定アプリケーションを開発している場合は、少なくとも静的解析を使用する必要があり、ほとんどの標準ではランタイム解析も推奨しています。

Cなどの言語には多数の未定義の動作が含まれているため、あるコンパイラがソースコードを別のコンパイラとは異なる解釈をする原因となり、コンパイラ固有の動作の悪夢に陥ることになります。コーディング標準によって、言語の未知の領域に踏み込んでしまったときに、コンパイラ固有の問題を排除するために標準的な方法でコードを書き直すことができます。欠陥注入率を低下させるだけでなく、エラーが発生しやすく理解が困難なコード構造を回避するのにも役立ちます。自動化されたコードレビューとテストレポートは、開発組織の成熟度を証明し、欠陥を見つけて修正するための適切なプロセスによって結果が再現可能であることを示すことができます。安全性が重要なアプリケーションを扱う場合、コードの品質を確保することは絶対に不可欠です。

コード品質はセキュリティのベースラインを設定します

接続された製品のセキュリティレベルを向上させようとする圧力は、市場や立法当局から急速に高まっています。効果を上げるには、セキュリティを最初から製品に組み込んでおく必要があり、サービスが停止するまで製品内で動作し続けることで、あなたとあなたの顧客の両方を保護する必要があります。

どのようにして製品のセキュリティ確保を開始できるでしょうか?見出しに戻ると、すべてはコード品質から始まります。セキュリティについても同様です。セキュリティの重要な側面は、潜在的な攻撃の可能性を減らすことです。そのため、最終製品に至るコードが高品質であり、アプリケーションの実行中に何が起こっているかを把握する必要があります。 SEI CERT Cコーディング標準は、Cプログラミング言語での安全なコーディングのルールを提供し、それを実施するのに役立つツールが用意されています。

静的解析とランタイム解析はどちらも、高品質コードの開発における重要な活動です。脆弱性を確実に見つけて排除します。これらのルールと推奨事項の目的は、たとえば、未定義のプログラム動作や悪用可能な脆弱性につながる可能性のある未定義の動作を排除することにより、安全で信頼性の高い安全なシステムを開発することです。コードの品質を確保するための適切なプロセスをセットアップすると、効果的なセキュリティ対策をプロセスに追加する取り組みがより簡単になり、それらの取り組みに対する投資収益率が大幅に向上します。

統合されたコード解析ツールは、コード品質への簡単なパスです

コーディング標準を使用すると、高品質のコードを書く必要があり、コードは、より安全でセキュアなものとなります。コーディング標準には、ソフトウェア開発のライフサイクルの中で、テストと修正フェーズの時間を短縮できるという付加的なの利点もあります。

では、コーディング標準を簡単に実装するにはどうすればよいでしょう?最速の方法は、統合コード解析ツールを使用することです。これらの種類のツールは、コードの欠陥の最も一般的な原因を見つけるのに役立ちますが、コードの作成時に考えられない、または気にしていない問題を見つけるのにも役立ちます。各開発者の日常の作業にコード品質チェックを含めることにより、企業は問題を早期に発見し、最終製品やプロジェクトのタイムラインへの影響を最小限に抑えることができます。統合されたコード解析ツールを使用すると、コードを完全に管理し、開発およびデプロイ時のコード品質を向上させ、製品の品質を確保し、顧客のポジティブな体験に集中できます。

Article written by Tora Fridholm, CMO and code nerd at IAR Systems.

申し訳ございませんが、弊社サイトではInternet Explorerをサポートしていません。サイトをより快適にご利用いただくために、Chrome、Edge、Firefoxなどの最新ブラウザをお使いいただきますようお願いいたします。