IAR Embedded Workbench for RISC-V

統合開発ツールチェーンを使えば、1つのビューに1つのツールボックスが提供され、シームレスな1本のワークフローが可能です。組み込み業界のトップランナとして、定評あるIAR Embedded Workbenchをお使いいただけば、コードのコンパイル、解析、デバッグを最も効率よく行うことができます。

01

高度なコンパイラ最適化技術

IAR Embedded Workbenchの優れた最適化技術により、要件を満たし、オンボードメモリ使用量と必要速度が最適化されたアプリケーションを確実に開発することができます。現バージョンのツールチェーンにおいても、市場の他のツールと比べて、既に小さなコード密度を実現していますが、将来のリリースでは、さらなる最適化技術の向上が図られ、より一層コンパクトなコードを生成可能となります。

02

広範なデバイスサポート

IAR Embedded Workbench for RISC-Vは、RV32およびRV32Eの32ビットRISC-Vコアのほか、Packed-SIMD命令用RISC-V P extensionなどの拡張命令に対応しています。カスタムの拡張命令をサポートするため、アプリケーションや製品用に厳密な定義を持つカスタムコアを設計する際に有効に使用できます。将来のリリースでは、64ビットのサポート、機能安全認証、セキュリティソリューションにも対応する予定です。

03

包括的なデバッガ

C-SPYデバッガのフルデバッグ機能を使えば、ハードウェアにアクセスすることなく、C-SPYシミュレータで、アプリケーションをリアルタイムにフル制御できます。またI-jetを経由したデバッグプローブのネイティブサポートにより、高速インサーキットデバッグが可能です。コードカバレッジやプロファイリングの目的でトレース情報をライブストリーミングするために、トレースプローブI-jet Traceも用意されています。また、コマンドラインユーティリティもデバッガに付属しています。さらに、エミュレータインタフェース、RTOS、TCP/IP、ネットワークスタックなどを容易に統合できるようにプラグインSDKも用意されています。

04

技術サポート

私たちはRISC-V対応の最先端の商用ツールサプライヤとして、RISC-V開発ツールと共にワールドワイドの技術サポートを提供しています。保守契約(Support and Update Agreement)を通じて、最新の機能やアップデートに直ちにアクセスいただけます。

最新リリースノート

弊社は、新しいデバイスのサポート、機能追加、および拡張など、ツールを常に更新し、向上に努めています。

Latest version: 2.10

RISC-V standard extension Bit-manip (RV32B)

  • Assembler, simulator, and compiler support for the subgroups Zba, Zbb, Zbc, and Zbs from the RISC-V standard extension RVB 

Andes V5 performance extensions

  • Assembler, simulator, compiler, and library support for Andes V5 performance extensions

Debug enhancements

  • For devices that support system bus access, the watch windows now support live update of variables 
  • Handling of different reset modes has been improved

Iarbuild enhancements

The iarbuild command line build utility now supports:

  • Generating a Ninja build file based on the IAR Embedded Workbench project format
  • Generating a JSON description of the Embedded Workbench project
  • More C-STAT reporting and configuration methods

Improved Code Completion

  • Wider scope of assisted situations, for example when adding include files
  • More information is shown with the suggestions, for example information on function parameters and types
  • ’Fuzzy matching’ aids in identifying suggested completions

Device support

Support for the following devices has been added: 

  • Andes A27, A45, D45 and N45
  • Fraunhofer EMSA5

64-bit Windows

  • IAR Embedded Workbench for RISC-V is now built for 64-bit Windows
Read complete release notes

Version 1.40

Compiler and library optimizations

  • Several new compiler optimizations for speed and size have been introduced
  • New optimized libraries for string handling, several string.h functions have been rewritten in assembler language and are available in versions optimized for both size and speed

P extension DSP and Packed SIMD

  • Support for the vectorized instructions from the draft DSP and Packed SIMD specification, including intrinsic functions to support Andes DSP libraries Trace

Enhanced support for the SiFive Insight debug solution

  • Adding ITC (Instrumentation Trace Component) as a transport mechanism for stdout/stderr
  • Support for Trace triggers, making it possible to tailor when to start and stop trace capture

New devices

Support for these IP from Nuclei System Technology has been added

  • N200
  • N300
  • N600
Full release notes

What type of license do you need?

Our tools are available in a flexible license model to suit your company needs. Together with our support and update agreements, you get the support you need in multiple time zones and multiple languages. Send a request for quote or contact sales to get started.

Read more about Licenses

Want to know more about IAR Embedded Workbench for RISC-V?

We are available to answer any questions about our products. To help you make the most out of your experience, you can also find plenty of information in our Learn section and at the customer portal My Pages.

製品/見積もりに関する問い合わせ

製品に関するお問い合わせや見積もりのご依頼は、以下のフォームに必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。 *は必須項目となっています

* Privacy policy を確認

User guides and documentation

言語と規格

IAR C/C++ Compilerは、CおよびC++プログラム言語の各種方言や、組込みプログラミング用の様々な拡張機能に対応します(あらゆる実装に対応する言語規格をすべてサポートしているわけではありません)。厳格な規格コンプライアンスに対応するために拡張機能を禁止することも可能です。

一般的なデバッガやエミュレータのほとんどと互換性のある業界標準のデバッグおよびイメージフォーマットを幅広くサポートしています。これにはELF/DWARFなどが含まれます。

ISO/ANSI C/C++ へのコンプライアンス

IAR C/C++ Compilerは、次のようなCプログラム言語規格をフリースタンディングに実装しています。

  • INCITS/ISO/IEC 9899:2018、別名C18 (最新バージョンのみ)
  • IAR C/C++ CompilerはC++17のすべての機能に対応。C++ライブラリはC++14に対応、C++17追加機能のサポートなし。(最新バージョンのみ)

  • ISO/IEC 14882:2015、別名C++14

  • INCITS/ISO/IEC 9899:2012、別名C11

  • ANSI X3.159-1989、別名C89

IEEE 754規格

IAR Embedded Workbenchは浮動小数点演算のIEEE 754規格に対応しています。

MISRA C

MISRA Cは、MISRA (自動車産業ソフトウェア信頼性協会) が開発したCプログラム言語のためのソフトウェア開発規格で、SO規格のC言語で記述する組込みシステムでのコードの安全性、可搬性、信頼性を確保することを主な目的としています。

MISRA C規格の初版「自動車用ソフトウェアでC言語を利用するための手引き(Guidelines for the use of the C language in vehicle based software)」は、1998年に策定されました。2004年には第2版が作成され、規則番号の全面的な見直しなどの重要な変更が数多く行われました。さらに、拡張サポート付きのMISRA C:2012および安全でないコード構造を識別するためのMISRA C++:2008も規格に追加されました。

IAR Embedded Workbenchの特長であるアドオン製品 C-STATによって、MISRA C:2004、MISRA C++:2008、MISRA C:2012が策定した規則への準拠をチェックすることができます。

テスト検証

IARは、次のような市販のテストスイートを使って、IARのツールが規格に準拠していることを確認しています。

  • ISO/IEC Cへの準拠を確認するPlum Hall Validationテストスイート
  • C++への準拠を確認するPerennial EC++ Validation Suite

  • IARライブラリのC/C++規格への準拠およびC++規格に対するSTL実装を検証するDinkum C++ Proofer

上記の市販スイーツに加えて、いくつかの内製テストスイートを使用して、新機能の検証、リグレッションテスト、エラー修正に対する検証などを実施しています。

申し訳ございませんが、弊社サイトではInternet Explorerをサポートしていません。サイトをより快適にご利用いただくために、Chrome、Edge、Firefoxなどの最新ブラウザをお使いいただきますようお願いいたします。