機能安全

今日、機能安全は多くの組込みシステムにおいて極めて重要な機能の1つとなっています。高信頼性に関する規格では、開発ツールが認証済みでない限り、その開発ツールを選択した正当な理由を詳しく示すよう求められるのが通常です。ツールが規格に準拠したものであることを証明しようとすると、開発のコストおよび時間の増大を招くことになります。

この問題を解決するため、IARシステムズでは、安全性の認証を受けたIAR Embedded Workbenchを提供しています。

認証済み開発ツール

IARシステムズのツールの機能安全版は、機能安全に関わる国際的包括規格であるIEC 61508と、自動車の安全関連システム用のISO 26262の要件に従い、TÜV SÜDの認証を取得しています。 また、この認証は、医療用ソフトウェアの国際規格であるIEC 62304と、ヨーロッパ鉄道規格EN 50128およびEN 50657にも対応しています。ArmとRISC-V向け製品は、IEC 60730, ISO 13849, IEC 62061, IEC 61511 とISO 25119に対応しています。

統合型コード解析

Code analysis and funコード解析と機能安全 – 最適な組み合わせ!

業界基準の多くは、コード解析ツールの使用を必須としています。ここでは、安全認証されたアプリケーション開発にあたり、IARのコード解析ツールをどのように使用するかを説明します。

記事を読む
yellow_marks_on_street_adobestock_388763555.jpg

保守契約 (Support and Update Agreement)

IAR製品の機能安全版には、機能安全の特別な保守契約(Support and Update Agreement)が含まれています。

詳細

機能安全の保守契約(SUA)は弊社の標準SUAの特別版で、以下の内容を含みます。

  • 販売済みバージョンに対しても、契約の続く限り確保されるサポート
  • 優先的な技術サポート
  • 既知の問題に対する修正と問題の通知のみを含む有効なサービスパック
  • 既知の規格逸脱や問題に関する定期レポート

IARシステムズは、保守契約が有効な認証版をお持ちのお客様がいらっしゃる限り、該当バージョンをサポートいたします。

SUAの説明を読む

機能安全に関するFAQ

弊社の提供する機能安全に関する“よくある質問(FAQ)と答え”については、こちらをご覧ください。

IAR Embedded Workbenchの機能安全版とは?

IAR Embedded WorkbenchおよびIAR Build Tools for Linuxの機能安全版は、ソフトウェア開発のために高信頼性規格IEC 61508、ISO 26262、EN 50128、EN 50657、IEC 62304に基づきTÜV SÜDによる認証を受けたツールチェーンが含まれている特別な製品およびサービスパッケージです。また、ArmとRISC-Vの機能安全版では、IEC 60730、ISO 13849、IEC 62061、IEC 61511、ISO 25119にも対応しています。特別な保守契約(SUA)をご利用のお客様は、お使いのフローズンバージョンについても、契約が続く限りサポートとアップデートを受けることができます。認証はツールチェーンのバージョンごとに付与されるもので、各機能のリリースごとに与えられるものではありません。

IAR Embedded Workbenchの認証版を購入すべき理由は?

今日の高信頼性に関する基準では、開発ツールが認証済みでない限り、その開発ツールを選択した正当な理由を詳しく示すよう求められるのが通常です。

認証済みとは?

その機能安全版が、前述した規格に基づいて、安全関連のアプリケーションを開発するためのツールとして認証されていることを意味します。IAR Embedded Workbench機能安全版を開発ツールとして選択することで、お客様自身でツールの開発プロセスを評価する必要がなくなり、独自にテストを実施して言語規格への準拠を示す必要もなくなります。このことは既にTÜV SÜDによって証明済みであるからです。

IARシステムズがソフトウェアをどのように開発、テスト、サポートするのかが綿密に評価され、認証の付与が進められました。

IAR Embedded Workbench機能安全版はどの(A)SILまで認証済みですか?

TÜVの認証レポートでは、以下のように報告されています。
「EWNNFSのビルドツールチェーンは、ASILのすべてのレベルにおいてISO 26262:2011に準拠しており、安全関連の開発プロジェクトでの使用に適しています。すなわち、ソフトウェアツールが[ISO26262-8, Chapter] 11.4.9に基づき検証済みで、ツール開発プロセスが[ISO26262-8, Chapter] 11.4.8により評価されており、機能安全版としての要件を満たしています。」

レポートはさらに、
「IEC 61508-4:2010に基づきオフライン型T3ツールと認定されたEWARMFSビルドツールチェーンは、SILのすべてのレベルにおいてIEC 61508:2010に準拠しており、安全関連の開発プロジェクトでの使用に適しています」と報告しています。
ツールユーザ自身でそれぞれの安全機能に対して独自に結論を出していただくために、具体的な(A)SILレベルについては、あえて明確な言及はしていません。

使いたい規格がカバーされていない場合でも認定済みバージョンを使うメリットはありますか?

はい。分野別規格の多くはIEC61508から派生しており、ツールの品質要件は互いに似ています。規格によっては、追加情報が必要になるかもしれませんが、そのような場合は、弊社より必要な情報を提供いたします。さらに、特別な保守契約(SUA)によるサービス(下記参照)は、エンドプロダクトの品質と信頼性が最優先されるプロジェクトにおいては非常に有用です。

機能安全版の製品と標準的な製品には、どのような違いがありますか?

機能安全版は3本の柱で支えられています。

  • IAR Embedded Workbenchの特別な認定版。機能の新規追加はなく、不具合修正および注意を要する問題のみを通知するアップデートが行われます。
  • 特別な保守契約(SUA)。詳細は下記参照。
  • 証明書および証明書に関する報告書などの認証ドキュメント。ドキュメントパッケージにはこの他に、機能安全に関してツールチェーンの使用法を説明したセーフティガイドが含まれています。

機能安全の特別な保守契約(SUA)には何が含まれますか?

  • 所有する認定版に対するサポートとアップデートの契約です。この契約には、既知の問題に対する修正と問題の報告のみを含む、特別に有効なサービスリリースが含まれます。IARシステムズは、保守契約の有効な認定版をお持ちのお客様がいらっしゃる限り、該当バージョンをサポートいたします。
  • 優先サポート
  • 安全関連の開発に必要な追加ドキュメント

特別なサポートは価格に含まれていますか?

はい。購入後1年間、機能安全の保守契約(SUA)が有効です。

認定を取得しているのはツールチェーンのどの機能ですか?

ビルドツールチェーン全体とその全機能について、認証を取得しています。これには、最適化、言語拡張、組み込み関数などの機能が含まれています。しかし、安全関連の規格では制約が付加されたり、機能を使用するうえで更なる妥当性が求められる場合がしばしばあります。求められる妥当性の程度や制限は、プロジェクトの安全度水準や規格によって異なります。そのような機能の使用法については、セーフティガイドに記載されています。

申し訳ございませんが、弊社サイトではInternet Explorerをサポートしていません。サイトをより快適にご利用いただくために、Chrome、Edge、Firefoxなどの最新ブラウザをお使いいただきますようお願いいたします。