Arm用Linux対応IARビルドツール 機能安全版

IARのArm用Linux対応ビルドツールは、機能安全認証を取得しています!

01

TÜV SÜDによる認証

TÜV SÜDによって認証されたビルドチェーンで、IEC 61508、ISO 26262、IEC 62304、EN 50128/ EN 50657、IEC 60730、ISO 13849、IEC 62061、IEC 61511、ISO 25119によって検証済みです。

02

フレキシブルで高性能

小型ビルドサーバでの少数ライセンスのインストールから数百のパラレルビルドが同時にアクティブになる大規模なインストールまで、様々なレンジに対応しています。

03

製品ライフサイクル全体をサポート

特別な保守(Functional Safety Support and Update Agreement)により、販売済みバージョンに対しても、契約の続く限りサポートが確保されます。

04

モダンでスケーラブルなワークフロー

Virtual Machines、Containers (Docker)、Self-hosted RunnersなどのCI/CDパイプラインに対応するモダンでスケーラブルなビルドサーバトポロジをサポート。

機能安全認証

Arm用Linux対応IARビルドツール 機能安全版は、Arm用Linux対応IARビルドツールの特別バージョンで、各種機能安全規格の要件に基づき、TÜV SÜDによる認証を取得しています。この認証は、IARシステムズの全開発プロセスと提供するソフトウェアの品質証明となるものです。

以下の規格に対応しています

IEC 61508

IEC 61508は、機能安全に関わる国際的包括規格です。この規格および派生規格は、信頼性と安全性に関する要件を有する各種産業、たとえば、プロセス産業、石油・ガス産業、原子力発電所、機械、鉄道管理システムなどで使用されます。

ISO 26262

ISO 26262は自動車の安全関連システムに適用されます。

EN 50128およびEN 50657

EN 50128およびEN 50657は、鉄道アプリケーションの安全関連ソフトウェア向けヨーロッパ規格です。IEC 61508の派生規格です

IEC 62304

国際規格IEC 62304は、医療ソフトウェアおよび医療用機器に実装されるソフトウェアの開発においてライフサイクル要件を規定する規格です。

ISO 25119

IEC 61508の分野別運用規格で、農林業用のトラクタや機械に関する安全要件です。ISO 25119-3は「開発中に起こりうる、トランスレータエラーに起因するいかなる問題も回避するために、使用実績で証明されたツールとトランスレータを適用すること」と規定しています。

IEC 62061

IEC 61508から派生した分野別(安全に関連する機械の電気的制御システム)規格で、機械のアプリケーション向けに安全関連の電気的制御システムを設計、統合、検証する際の要件を規定しています。

EN ISO 13849-1

機械関連の安全規格(IEC 62061と同様)で、電気部品、電気機械部品、機械(油圧)部品が主な対象です。ソフトウェアの設計を含む、制御システムの安全関連部品(SRP/CS)を設計および統合するための安全要件を規定しています。

IEC 61511-1

IEC 61508から派生した分野別(プロセス産業)規格です。この規格は、FPL (固定プログラム言語)またはLVL (制約可変言語)を使って開発されたアプリケーションソフトウェアのみに適用されます。

IEC 60730-1

この規格は、家電などの機器の内部、外部、またはそれらの製品に関連して使用される電気的自動制御に適用されます。ソフトウェアに関する要件は、IEC 61508-3から抜粋されたものが本規格に合わせて変更されています。

保守契約 (Support and Update Agreement)

IAR製品の機能安全版には、機能安全の特別な保守契約(Support and Update Agreement)が含まれています。

The functional safety edition comes with a special Functional Safety Support and Update Agreement (SUA), that gives you guaranteed support for the sold version for the longevity of the agreement.

In addition, the tools are delivered in frozen versions, and are only updated through validated service packs.

 

To further simplify the validation of your application, each version includes a Functional Safety certificate and a Safety report from TÜV SÜD. Additionally, the included Safety Guide has practical tips for helping you certify your application, from detailing the use of the tools in a functional safety context to libraries and C/C++ programming language recommendations.

For each frozen version, the functional safety certificates get renewed as long as the support and updates agreement with you is active.

製品/見積もりに関する問い合わせ

製品に関するお問い合わせや見積もりのご依頼は、以下のフォームに必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。 *は必須項目となっています

* Privacy policy を確認

申し訳ございませんが、弊社サイトではInternet Explorerをサポートしていません。サイトをより快適にご利用いただくために、Chrome、Edge、Firefoxなどの最新ブラウザをお使いいただきますようお願いいたします。