マーケット

ABIリサーチによると、2022年までに世界の570億台のコネクテッドデバイスのうち70%がIoTの対象となると推定されていますが、現在、新しいデバイスのうちセキュリティが組み込まれているのは4%未満です。

アナリストは、今後数年間でサイバー攻撃の25%がIoT機器を標的にすると予測しており、向かい来る脅威やシステムの脆弱性により、生命を脅かす、あるいはリスクの高い状況に陥る可能性がある特定の市場に深刻な影響を与える可能性があります。また、特定の市場における組込みアプリケーションは、そのライフサイクルを通じて安全性を維持し、今後予定されている法律に準拠する必要があります。

IAR 組込みセキュリティ製品とIAR システムズのセキュリティ・ソリューションは、Industry 4.0、スマートインフラ、国家の重要なインフラ、スマートコンシューマなど、IoTの堅牢な成長を活用する態勢を整えている特定の市場に適しています。

申し訳ございませんが、弊社サイトではInternet Explorerをサポートしていません。サイトをより快適にご利用いただくために、Chrome、Edge、Firefoxなどの最新ブラウザをお使いいただきますようお願いいたします。