機能安全の必要なプロジェクト開発者のためのビルドツール活用法とコーディングの注意点を徹底解説!

安全性の維持・確保が必要な機能もしくは機能安全要件を備えたプロジェクトを開始する際に、 使用するツールについても認定されたツールを使用する必要があるということはご存じの方も多いでしょう。 しかし、認定ツールを使用しておけばそれでよいというわけではないのが機能安全です。

スタートアップコードは標準のものを使用してよいのか?C標準ライブラリはそのまま使用してもよいのか? コンパイラの最適化は使用できるのか?ツールの機能でコード品質を向上させることが可能か? など、ビルドツールを使用する上だけでもプロジェクト開始前に考慮すべきことがたくさんあります。 本オンデマンドセミナーでは、機能安全認定されたIAR Embedded Workbenchを使用する際の、実用的なTips集やコーディングの注意点を徹底解説いたします。

 

受講をおすすめする方:

  • 機能安全にかかわるプロジェクトのマネージャー
  • 機能安全にかかわるプロジェクトについて具体的な開発手法を知りたい方
  • 機能安全にかかわるプロジェクトを検討中の方

 

講師: IARシステムズ 技術部 岩野 歩

 

  • 競合他社、その販社の方のご参加はご遠慮ください
このオンデマンドウェビナーをご覧いただいく理由教えてください。(複数回答可)*

アンケートにご協力いただき、誠にありがとうございました。

お預かりしたアンケートの内容は、今後のセミナー内容の改善、充実に利用させていただきます。弊社のプライバシーポリシーについては、プライバシーポリシーのページからご確認ください。

 

申し訳ございませんが、弊社サイトではInternet Explorerをサポートしていません。サイトをより快適にご利用いただくために、Chrome、Edge、Firefoxなどの最新ブラウザをお使いいただきますようお願いいたします。