実機なしでもデバッグ・テストを進める方法! シミュレーターを極めて実機がなくても効率的に開発!

組込みソフトウェア開発において、常に実機環境で実際に動かしてデバッグ、テストを行うのが通常のプロセスとなっていますが、そのために、実機の準備や空き状況によって開発日程に影響が及び、評価ボードにまだない機能のテストを後回しにせざるを得なかったりと非常にハードウェアに依存した開発プロセスとなっています。

半導体不足でさらに実機の準備が難しくなっている昨今、実機なしでも、デバッグや基本的なテストを完了できるソフトウェアオリエンテッドな開発スタイルが重要になってきています。

本オンデマンドセミナーでは、実機なしでも開発を進めるためのIAR Embedded Workbenchのシミュレータ活用術として、割込みのシミュレート方法、周辺機器のシミュレート方法、C-SPYマクロの活用法、シミュレータのトレース機能の活用法などをご紹介しています。

  • 競合他社、その販社の方のご参加はご遠慮ください。
今回のオンデマンドウェビナー受講の理由を教えてください。

アンケートにご協力いただき、誠にありがとうございました。

お預かりしたアンケートの内容は、今後のセミナー内容の改善、充実に利用させていただきます。弊社のプライバシーポリシーについては、プライバシーポリシーのページからご確認ください。

 

申し訳ございませんが、弊社サイトではInternet Explorerをサポートしていません。サイトをより快適にご利用いただくために、Chrome、Edge、Firefoxなどの最新ブラウザをお使いいただきますようお願いいたします。