IAR Embedded Workbench for RISC-V

統合開発ツールチェーンを使えば、1つのビューに1つのツールボックスが提供され、シームレスな1本のワークフローが可能です。組込み業界のトップランナとして、定評あるIAR Embedded Workbenchをお使いいただけば、コードのコンパイル、解析、デバッグを最も効率よく行うことができます。

product-page-background

01

高度なコンパイラ最適化技術

IAR Embedded Workbenchの優れた最適化技術により、要件を満たし、オンボードメモリ使用量と必要速度が最適化されたアプリケーションを確実に開発することができます。

 

02

広範なデバイスサポート

IAR Embedded Workbench for RISC-Vは、RV32およびRV32Eの32ビットコアのほか、Packed-SIMD命令用RISC-V P extensionおよびRISC-V B extensionなどの拡張命令に対応しています。また、各種RV64の64ビットコアおよびRV64Iベースの命令セットをサポートしています。カスタムの拡張命令をサポートするため、アプリケーションや製品用に厳密な定義を持つカスタムコアを設計する際に有効に利用できます。

 

03

包括的なデバッガ

C-SPYデバッガの豊富なデバッグ機能を使えば、アプリケーションをリアルタイムにフル制御できます。またI-jetを経由したデバッグプローブのネイティブサポートにより、高速インサーキットデバッグおよびSMPマルチコアデバッグが可能です。コードカバレッジやプロファイリングの目的でトレース情報をライブストリーミングするために、トレースプローブI-jet Traceにも対応しています。さらに、エミュレータインタフェース、RTOS、TCP/IP、ネットワークスタックなどを容易に統合できるようにプラグインSDKも用意されています。

 

04

技術サポート

私たちはRISC-V対応の最先端の商用ツールサプライヤとして、RISC-V開発ツールと共にワールドワイドの技術サポートを提供しています。保守契約(Support and Update Agreement)を通じて、最新の機能やアップデートに直ちにアクセスいただけます。

 

製品概要

IAR Embedded Workbench for RISC-Vの概要ビデオで、最新バージョンの実際の動作とツールチェーンの使用開始方法をご覧ください。

どのようなタイプのライセンスが必要ですか?

IARシステムズのツールは、お客様の使用状況に応じて柔軟なライセンスモデルを用意しています。保守契約を締結されている場合は、世界中のどの地域でもサポートが受けられます。日本国内のユーザー様から日本法人へのお問い合わせについては、もちろん日本語のサポートが可能となります。 ご不明な点については、お気軽にお問い合わせよりご質問ください。

 
 
ライセンス情報の詳細はこちら

製品/見積もりに関する問い合わせ

製品に関するお問い合わせや見積もりのご依頼は、以下のフォームに必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。 *は必須項目となっています

* read our Privacy policy